1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

クラシコ敗北、低調な試合…チャビ監督への批判強まるもデコSDは擁護「バルサにとって最高の監督」

超ワールドサッカー / 2023年11月14日 13時30分

写真:Getty Images

バルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるデコ氏が、チャビ・エルナンデス監督を擁護した。『ESPN』が伝えている。

就任3シーズン目を迎えたチャビ監督の下でシーズンインしたバルセロナは、ラ・リーガ開幕からの10試合で7勝3分けと上々のスタートに。しかし、10月に行われたレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”はホームで逆転負けとなり、宿敵相手に今季初黒星を喫することになった。

その後はチャンピオンズリーグ(CL)グループHでも、シャフタール・ドネツク相手に敗れて決勝トーナメント進出はお預けに。逆転勝利を収めたラ・リーガ第13節のアラベス戦も内容は低調であり、にわかにチャビ監督への批判は強まりつつある。

それでも、デコ氏は昨季にラ・リーガを制覇した指揮官への変わらぬ信頼を強調。チームに課題があることは認めつつ、クラブのチャビ監督に対する信頼は不動だと主張している。

「チャビがバルサにとって最高の監督であることに、疑いはない。彼は困難な時期に指揮官の座を引き継ぐという挑戦を受け入れた。そして、我々が直面している再建を実行するのに最適な監督でもある」

「バルサが再びラ・リーガを制覇するには、何年もかかると言われていた時期もあった。忘れてはならないのは、我々が史上最高の選手を失ったということだ。レオ(リオネル・メッシ)は去り、トロフィーを獲るまで大きなドラマがあると思われていた」

「そしてセルヒオ・ブスケッツに代表されるような世代も、バルサを去っていった。かつてはジョルディ・アルバ、ジェラール・ピケなど、象徴的な選手たちがいたのだ。監督にとって難しい時期だったが、チャビはタイトル獲得を成し遂げた。だからこそ、我々は彼との契約を更新したのだ。彼への信頼は100%、いや200%はある」

「我々は改善を望んでいるか? もちろんだ。それを隠すことはないし、より魅力的なチームは望んでいないと言うことはない。だが、我々はすべての選手が揃っていない点も理解している」

「我々は毎日話をしている。チャビは誰よりも、より良いプレーを望んでいる人間だ。改善すべき点は理解しているが、良い点も、自分たちらしさも忘れてはいけない。それこそが重要になるだろう」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください