1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ブンデス連敗で5位転落のドルトムント…マテウス氏は「シーズンを通じて水準に達していない」と酷評

超ワールドサッカー / 2023年11月14日 18時15分

写真:Getty Images

元ドイツ代表のローター・マテウス氏が、ドルトムントの現状に疑問符を投げかけた。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。

昨シーズンは最終節の結果マイスターシャーレを逃し、雪辱を期して今シーズンに臨んだドルトムント。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)こそ4試合を消化してグループステージ首位に立つが、肝心のブンデスリーガでは思うような結果を残せていない。

先週末に行われたブンデスリーガ第11節のシュツットガルト戦では、先制しながら逆転を許して敗戦。これでリーグ連敗となってしまったチームは、5位まで順位を落としている。

首位レバークーゼンとの勝ち点差が「10」にまで広がったドルトムントについて、マテウス氏は低調なパフォーマンスを危惧。エディン・テルジッチ監督の戦術にも疑問を呈しており、少しでも早い改善が必要だと指摘している。

「ドルトムントのパフォーマンスは、これまでのところシーズンを通じて水準に達していないと思う。昨シーズン後半は素晴らしい試合をして、プレッシャーに対処していたのにだ」

「この問題は、ジュード・ベリンガムの退団だけが原因とは思えない。ドルトムントは個々の選手を見れば優れているが、それがかみ合わなくなっている。昨シーズンに傑出したプレーを見せたプロフェッショナルたちは、全力のパフォーマンスを発揮できていない。エムレ・ジャンは負傷し、ユリアン・ブラントのパフォーマンスは安定しない状態だ」

「(CLの)ニューカッスル戦では彼らのクオリティが見られたし、2試合で勝点6を獲得した。一方で、ブンデスリーガでは期待を下回っている。彼らの目標がCL出場権ならまだ候補に残っているだろう。だが、昨季後半に優勝を逃した後のシーズンで、彼らにはもっと高い野望があったと思う」

「エディン・テルジッチ自身も、トロフィーを掲げたいと語っていた。だが現在、1位、2位との差はそれぞれ10ポイントと8ポイントもある。そこで今問われているのは、どうすれば問題を解決できるかということだ」

「なぜバイエルン戦で慎重なプレーを見せたのか?勇敢に前へ出てプレーしたときは、まともに見える時間帯もあった。バイエルン戦も、シュツットガルト戦も、守備的なプレーは向いていないだろう。それはこのチームのDNAではない」

「私の時代には物事がうまくいっていないとき、時には監督抜きで主力選手たちだけでミーティングを行い、互いに意見をぶつけ合った。ストレートに話し合い、すべてをぶつけ合うんだ」

「ドルトムントはまだカップ戦に残っており、CLでは冬を越せるチャンスもある。だから、今のところ監督にプレッシャーはかからないだろう。ただ、長期にわたって結果やパフォーマンスが思わしくなければ、話し合いが行われるはずだ。重要なのは、オープンで正直であること。そして自分たちの何が間違っていて、何をもっと良くする必要があるか知ることだと思う」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください