1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

アーセナルやバルセロナで活躍したMFソングが現役引退「奇跡を成し遂げたと思った」

超ワールドサッカー / 2023年11月15日 10時30分

写真:Getty Images

かつてアーセナルやバルセロナで活躍した元カメルーン代表MFアレクサンドレ・ソング(36)が現役引退を発表した。

元カメルーン代表DFのリゴベール・ソング氏を叔父に持つソングは、フランスのバスティアでプロキャリアをスタート。その後、アーセナルに移籍すると当時の指揮官であるアーセン・ヴェンゲル監督の下で、元々備わっていた強靭なフィジカルに加えて足元の技術も向上させ、公式戦通算204試合出場10ゴール23アシストの成績を残した。

アーセナルで不動の地位を築いていたソングだが、2012年夏にバルセロナへ移籍。しかし、スペインでは思うような結果を残せず、公式戦通算65試合出場1ゴール2アシストの成績にとどまることに。2シーズンにわたってウェストハムへレンタル移籍した後にバルセロナと契約解除すると、ルビン・カザン(ロシア)やシオン(スイス)でのプレーを経て、今シーズンはジブチにあるジブチ・プレミアリーグのアルタ・ソラール7に所属していた。

カメルーン代表としても、公式戦通算49試合に出場。2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会と、2度にわたってワールドカップ(W杯)に出場したが、ブラジル大会ではグループステージのクロアチア代表戦で背後から突如として肘打ちを食らわせて一発退場になると、これが代表最後の試合になった。

14日に自身のインスタグラムで現役引退を発表したソングは素晴らしいキャリアだったと振り返りつつ、関係者への感謝を綴っている。

「シューズを脱ぐ時が来たのは、とても悲しいことだ。子供の頃、ヤウンデで靴もなく硬い砂利の上で遊んでいたところから始まった僕の旅は、成功するための強さと勇気を与えてくれた」

「フランスに渡り、バスティアでプレーしたとき、僕は奇跡を成し遂げたと思った。しかし、これは始まりに過ぎず、僕の旅はアーセナル、バルセロナという世界有数の偉大なクラブへと続いたんだ。妻、子供たち、家族、友人、代理人、コーチ、そしてもちろんチームメイト全員が、これまで常に僕を助けてくれた。この感謝は決して忘れない」

「もちろん、チャールトンやウェストハム、ルビン・カザン、シオン、そしてアルタ・ソラール7も、常に僕の心の中に残るだろう。そして、(アンダー世代と合わせて)母国を代表する選手として60試合以上も出場できたことは大きな誇りだ。一生心に残るたくさんの素晴らしい思い出ができて、とても恵まれていると思う」

「最後に、これまで僕を応援してくれたファンのみんな、本当にありがとう。またすぐみんなに会えることを願っているよ。アレックス」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください