1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

上田綺世が圧巻のハットトリック達成! カタールW杯アジア2次予選のオナイウ阿道以来3年5カ月ぶりの記録

超ワールドサッカー / 2023年11月16日 20時30分

写真:Getty Images

日本代表FW上田綺世(フェイエノールト)がハットトリックを達成した。

16日、2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦がパナソニック スタジアム 吹田で行われた。

8大会連続8度目のW杯出場を目指す日本。アジアの枠が「8.5」と拡大した中、これまで以上に質が問われることになる予選の初戦を迎えた。

ケガ人が多く出ている中で、ヨーロッパ組はコンディションの問題もある状況。ミャンマー戦では、これまで主軸としてプレーしてきた選手を温存することができた。

そんな中1トップで起用された上田が気を吐きハットトリックを達成。前半11分には南野拓実(モナコ)の浮き球のパスをヘディングで合わせて先制ゴールを奪うと、2-0で迎えた前半アディショナルタイム4分には堂安律(フライブルク)の絶妙なスルーパスを流し込み2点目を奪う。

3-0で迎えた後半早々の50分には、南野のスペースへのパスに反応しGKの位置をよくみて冷静にゴール。日本代表では初めてハットトリックを達成した。

日本代表選手としてハットトリックが達成されたのは2021年6月15日、カタールW杯2次予選のキルギス代表戦でFWオナイウ阿道(オセール)が達成して以来のこととなった。

【動画】どれも素晴らしい上田綺世のハットトリックをチェック!






この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください