1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「毎日が死ぬ気」追加招集で即日本代表デビューの佐野海舟、いきなり見せた度胸とアグレッシブな選択「どんどん出していければ」

超ワールドサッカー / 2023年11月16日 23時15分

写真:Getty Images

日本代表のMF佐野海舟(鹿島アントラーズ)が、ミャンマー代表戦を振り返った。

16日、2026年の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で日本はミャンマー代表と対戦。5-0で日本が快勝スタートを切った。

森保一監督は、ヨーロッパ組の選手たちのコンディションを見極め、いつもとは違う顔ぶれのメンバーを起用。追加招集を受けた佐野は、後半開始からピッチに立ち、日本代表デビューを果たした。

1年前はFC町田ゼルビアの一員としてJ2で戦っており、今季は鹿島でJ1に初挑戦中。期待値も高い中での緊急招集となり、緊急出場となった。

デビュー戦について佐野は「この1年で自分自身凄く成長できたと思いますし、町田や鹿島でのプレー、周りの方のおかげでここまできているので、感謝の気持ちを忘れずにやっています」とコメント。「この舞台に立ってスタートが切れたことは、自分にとって1つスタートかなと思います」と、まずは第一歩を踏み出せたことを喜んだ。

日本代表の雰囲気については「個人のレベルは凄く高いですし、その基準に合わせられるように頑張りたいです」とレベルアップしたいと感じたと言い、「そこに合わせないと残れないと思うので、毎日が死ぬ気でやっている感じです」と今はついて行くことで精一杯だという。

出したいことについては「自分のプレーを出すということだと思いますし、自分のプレーでチームが勢い付いたり、流れというのを変えたいと思っているので、もっと自分のプレーをチャレンジして出したいです」と、勢いづけられるプレーをしたいと語った佐野。ファーストプレーで激しくボールを奪いにいき、その後はダイレクトでミドルシュートを狙うなど積極性を見せていた。

「何か残さないとこの先は生き残っていけないですし、ゴールやアシストという形に残ることが一番です。自分の良さ、守備やボールを奪うところが大事だと思って、最初のプレーで自信を持ってシュートを選択できたことは良かったと思います。あとは決める精度が必要だと思います」

デビュー戦ながらも危機感も覚えており、その中でらしさも出せた佐野。強烈なシュートを選択した際には、森保監督も笑みを浮かべていた。

シュートの選択については「相手も引いていたので、シュートを打って誘き寄せようというか、シュートを打てるときは打とうと思っていました」とコメント。攻撃でも良いものを見せていたが、J1で初ゴールを決めたようなドリブルで持ち上がってボックスに入っていくプレーも見せていた。

「守備だけじゃなく、ああいう部分でも自信を持ってやることが必要ですし、これからもどんどん出していければと思います」と語る佐野。相手のレベルが低かったとはいえ、しっかりと持ち味を出せたことは大きいだろう。

大きな期待感に包まれた佐野のデビュー戦。この先どのように飛躍していくのか、楽しみがまた1つ増えたと言える。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください