1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

韓国代表ヒヤリ…ソン・フンミンへのアフタータックルにクリンスマン監督も怒り「4-0の状況で…」

超ワールドサッカー / 2023年11月17日 12時10分

写真:Getty Images

韓国代表のユルゲン・クリンスマン監督がシンガポール代表のプレーに怒りを露わにした。韓国サッカー協会(KFA)の公式サイトが伝えている。

16日に行われた2026年北中米ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選グループC第1節でシンガポール代表と対戦した韓国。クリンスマン監督はソン・フンミンやキム・ミンジェ、ファン・ヒチャン、イ・ガンインといった主力を起用すると、5-0の快勝を収めた。

だが、後半終盤にはヒヤリとする場面も。ソン・フンミンが後ろからアフター気味のタックルを受け右足を痛めると、ピッチの外でメディカルスタッフの治療を受けることに。クリンスマン監督もこのプレーに激しく抗議していた。

「あのファウルにはとても怒った。必要のないファウルだ。4-0という状況ではそんなファウルをするべきではなく、怒っていた」

「サッカーにはコンタクトがある。常に100%の状態でプレーすることは難しい。ファウルを受ければ5分間痛むこともあるが、痛みの中でプレーしなくてはいけない」

「イ・ガンインも前半にファウルを受けていたが、後半に素晴らしい活躍を見せた。多くの選手がチームのためにハードワークしている。アウェイゲームのように難しい試合の時こそ、我慢と献身がチームにとって大きな力になるはずだ」

幸い、ソン・フンミンに大きな問題はなく試合にはフル出場。試合後の取材でも問題ないことを説明していた。


【動画】クリンスマン監督も怒ったソン・フンミンへのアフタータックル


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください