1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「明らかに酷い」「不幸が起きた可能性も」サポーター同士の乱闘にメッシが苦言、アウェイでのブラジル戦勝利には「とても素晴らしいこと」

超ワールドサッカー / 2023年11月22日 16時30分

写真:Getty Images

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが、大きな騒動が起きたブラジル代表戦を振り返った。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。

現地時間21日、2026北中米ワールドカップ(W杯)南米予選第6節が行われ、アルゼンチンはアウェイでブラジルと対戦した。

首位で臨んだアルゼンチンと連敗中のブラジルの一戦。試合はサポーター同士の揉め事があり、30分遅延してスタート。試合はこう着状態となった中で、63分にニコラス・オタメンディのヘディングが決まりアルゼンチンが先制。このゴールを守り切り、アウェイで0-1の勝利を収めた。

試合後、メッシはブラジル相手にアウェイで勝利したことを喜び、前節のウルグアイ代表戦での敗戦から立ち直れたことを喜んだ。

「このグループは歴史的なことを達成し続けている。もう1度だ。このグループが達成した最も重要なことの1つではないが、ブラジル相手に勝利することはとても素晴らしことだ」

「ホームでの彼らは歴史を見てもとても強い。ウルグアイ代表戦での敗北後で、ダメージを受けた後だから、僕たちも勝利が必要だった」

一方で、試合前に両国のサポーターが衝突したことについても言及。良くないことだと語った。

「明らかに酷いことだ。リベルタドーレスの決勝戦で起こったように、人々を殴り、再び棒を使って制圧しているのを僕たちは見た」

「そこに家族がいる選手もいた。家族のことを考えても、何が起きているのか分からず、試合を振るよりもそちらに気を取られてしまう。その時点で、二の次になる」

メッシは選手たちを引き連れて一度ロッカールームへ引き上げることを選択。「全てを落ち着かせる方法でもあった」と行動について語っている。その中で、様子をチェックしていたと明かした。

「彼らがどのように人々を殴っているのかを見た。不幸が起きた可能性もあった。全てが落ち着いたら、僕たちは様子を尋ね、全てについて調べることにした。それから外に出た」

事件がありながらもしっかりと勝利を収めたアルゼンチン。インテル・マイアミでのシーズンも終了しているメッシにとっては、これが今年最後の試合となった。

良い戦いだったと語る中で、2021年のコパ・アメリカ決勝と同じ雰囲気を感じたとのこと。連敗中のブラジルは手強かったとした。

「これが僕にとって、今年最後の試合だった。回復して全てスタートさせる時間はある。素晴らしい1年を過ごし、素晴らしいプレシーズンに向けていちから準備するつもりだ」

「ブラジルvsアルゼンチンの試合はとてもタフだった。彼らはいくつかの好ましくない結果を受けてきており、周りの人はチームには満足していなかった」

「こうなるだろうと僕たちは分かっていた。決勝戦ととても似ていたよ」

「コパ・アメリカの試合はとても難しかった。今日は彼らがもう少しプレスをかけてきたと思う。最初は僕たちにとって長くポゼッションすることは難しかった」

「こうした試合は細部によって決まるものだけど、幸運なことにオタ(ニコラス・オタメンディ)のヘディングシュートが決まった」


【動画】キックオフの遅延につながったブラジルとアルゼンチンのサポーターが乱闘







この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください