1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

【プレミアリーグ第13節プレビュー】シティvsリバプール! “FIFAウイルス”蔓延の中で超過密日程スタート

超ワールドサッカー / 2023年11月24日 13時0分

写真:Getty Images

インターナショナルブレーク前に行われた前節は、壮絶な撃ち合いとなったチェルシーvsマンチェスター・シティがドローに終わり、トッテナムやニューカッスルの格下相手の敗戦と少なくない波乱も。一方で、アーセナルやリバプールが順当に勝ち点3を積み重ね、リーグタイトル争いはより拮抗したものとなっている。

2023年最後のインターナショナルマッチウィークでは“FIFAウイルス”蔓延となり、多くのクラブで負傷者が目立つが、プレミアリーグは年末年始に懸けた超過密日程がスタート。その口火を切る第13節では首位のマンチェスター・シティと2位のリバプールが1ポイント差で激突する首位攻防戦に大きな注目が集まる。

シティは前節、チェルシーとのアウェイゲームで3度のリードを手にしながらも相手の驚異的な粘りに遭い、4-4のドローに終わった。これによりリーグ連勝が「3」でストップし、2位以下との勝ち点差が縮まった。そして、ここからはリバプール、トッテナムとのホーム連戦、難攻不落ビラ・パークでのアストン・ビラとのアウェイ戦と優勝争いにおいて重要な3連戦に臨む。ここに来てDFストーンズやMFマテウス・ヌネスら負傷者が増え始め、エースFWハーランドもノルウェー代表離脱とやや選手のやり繰りが難しくなっているが、難敵相手の首位攻防戦できっちりリーグテーブルの最上位を堅持なるか。

対するリバプールは前節、ホームでブレントフォードと対戦。前半は相手十八番のカウンターやセットプレーに苦戦したが、エースFWサラーの2ゴールの活躍によって3-0の快勝。公式戦2試合未勝利という嫌な流れをしっかりと払しょくした。今回のインターナショナルブレークでは目立った負傷者は出ていないが、サラーやFWヌニェスらを筆頭に一部主力はワールドカップ(W杯)予選で長距離移動を強いられており、代表戦明けの土曜ランチタイムキックオフという厳しい日程面、難所エティハド・スタジアムでのアウェイゲームということを考えると、厳しい戦いが予想される。

その首位攻防戦に続く注目カードは7位のニューカッスルと、10位のチェルシーによる上位浮上を狙う強豪同士の直接対決だ。

久々のチャンピオンズリーグ(CL)との二足の草鞋に加え、現プレミアリーグで最も多くの負傷者に悩まされるマグパイズ。前々節はアーセナルに初黒星を与えたが、直近2試合ではドルトムント、ボーンマスに0-2の完敗。多くの主力不在と勤続疲労によって好調時に比べてパフォーマンスが低下している。週明けのCLで重要なパリ・サンジェルマン戦を控えるなかで臨むチェルシー戦では引き続き厳しい台所事情となるが、セント・ジェームズ・パークの強烈な後押しを活かして復調ブルーズ撃破といきたい。

対するチェルシーは前々節にトッテナムに初黒星を与え、前節はシティ相手にドロー。今シーズンを占う強豪5連戦においてここまで上々の滑り出しを見せている。また、ライバルを尻目にここにきて負傷者が続々と戦列に戻ってきており、今回の一戦に向けては今夏の目玉補強の一人だった昨季ブンデスリーガ得点王のMFエンクンクのプレミアデビューも見込まれる。その主力の復帰を追い風に難所を攻略し、上位戦線に絡んでいきたい。

首位攻防戦の結果次第で首位浮上が懸かる3位のアーセナルは、11位のブレントフォードとのアウェイゲームで連勝を狙う。前節はMFファビオ・ヴィエイラの退場などもあり、下位に低迷するバーンリーに苦戦を強いられたものの、FWトロサールの1ゴール1アシストの活躍によってバウンスバックの3-1の勝利を収めた。グリフィン・パークでのビーズとのアウェイゲームは決して簡単ではないが、しっかりと勝ち点3を積み重ねたい。なお、ノルウェー代表辞退のMFウーデゴールら一部主力のコンディションは懸念材料も、DF冨安健洋は森保一監督の気遣いある日本代表での起用法もあり、CLのRCランス戦に向けて温存といったプランがなければ、先発での起用が濃厚だ。

開幕10戦無敗からの連敗で4位に転落したトッテナムは、1ポイント差で5位に位置するアストン・ビラとのホームゲームで連敗ストップを目指す。2人の退場者、2人の主力の負傷という厳しいチェルシー戦での今季初黒星から回復途上で臨んだ前節のウォルバーハンプトン戦では前半開始早々に先制点を挙げたが、慣れないメンバー構成と120%を出し切ったチェルシー戦での消耗によってチームとして完全にガス欠。何とか粘り強い守備でリードを維持したが、後半アディショナルタイムに連続失点する厳しい1-2の逆転負けとなった。

次節には敵地でシティとの上位対決を控えており、今回のホームゲームでは是が非でも白星を取り戻したい。累積警告でMFビスマを欠き、エースFWソン・フンミンら代表帰りの主力のコンディションも懸念されるなか、圧倒的なホーム戦ほどの強さはないものの、ビッグ6に肉薄する選手層とプレー強度を有するエメリのチーム相手にポステコグルー監督の手腕が試される一戦となるはずだ。

MF三笘薫を擁する8位のブライトンは、14位のノッティンガム・フォレストを相手にリーグ7戦ぶりの白星を目指す。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦では前半開始早々の先制点から最下位相手に危なげなくゲームを進めたが、MFダフートの愚行退場によって暗転。不運なオウンゴールで追いつかれ、下位相手に痛恨の取りこぼしとなった。また、ニューカッスル同様に多くの負傷者に悩まされるチームではFWファーガソンに加え、三笘が日本代表合流後に負傷が発覚。現時点で細かい状態は不明だが、フォレスト戦の出場に暗雲漂う。そのエース不在のなか、FWアディングラやFWアンス・ファティら代役候補の活躍に期待したいところだ。

相変わらずパフォーマンスは安定しないものの、6位まで順位を上げてきたマンチェスター・ユナイテッドは、財務違反によって勝ち点10剥奪の処分が科されて19位に転落した渦中のエバートンとのアウェイゲームに臨む。前節は格下ルートン・タウンにホームで苦戦しながらも、伏兵リンデロフのゴールを守り切って勝ち切ったテン・ハグのチーム。ただ、今回の代表戦ではFWラッシュフォード、GKオナナがいずれも軽傷ながら負傷するアクシデントも発生。DFショーのチームトレーニング復帰は朗報だが、引き続きメンバーのやり繰りに苦戦しそうだ。実力差を考えればトフィーズ相手に勝ち点3を得られる可能性は高いが、勝ち点10剝奪が決定して最初のグディソン・パークで行われる一戦はスタジアムの空気を含めて読めない一戦となるはずだ。

◆プレミアリーグ第13節
▽11/25(土)
《21:30》
マンチェスター・シティ vs リバプール
《24:00》
バーンリー vs ウェストハム
ルートン・タウン vs クリスタル・パレス
ニューカッスル vs チェルシー
ノッティンガム・フォレスト vs ブライトン
シェフィールド・ユナイテッド vs ボーンマス
《26:30》
ブレントフォード vs アーセナル

▽11/26(日)
《23:00》
トッテナム vs アストン・ビラ
《25:30》
エバートン vs マンチェスター・ユナイテッド

▽11/29(月)
《29:00》
フルアム vs ウォルバーハンプトン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください