1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

満身創痍スパーズが3戦連続逆転負けで3連敗…連勝アストン・ビラが4位浮上【プレミアリーグ】

超ワールドサッカー / 2023年11月27日 1時14分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第13節、トッテナムvsアストン・ビラが26日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、アウェイのアストン・ビラが1-2で逆転勝利した。

開幕10戦無敗からの連敗で4位に転落したトッテナムは、1ポイント差で5位に位置するアストン・ビラとのホームゲームで連敗ストップを目指した。インターナショナルブレーク前に行われた前節のウォルバーハンプトン戦では慣れないメンバー構成と120%を出し切ったチェルシー戦での消耗によってチームとして完全にガス欠。後半アディショナルタイムに連続失点する厳しい1-2の逆転負けとなった。

次節にマンチェスタ・ーシティとの上位対決を控えるなか、そのダメージ残る敗戦からのバウンスバックを図った一戦では先発4人を変更。ダイアーに代わってサスペンション明けのウドジェが戻り、4バックは本職サイドバックの4人が並ぶ形に。また、累積警告と負傷でメンバー外となったビスマとサールに加えてホイビュアがベンチスタートとなり、ベンタンクール、ロ・チェルソ、ブライアン・ヒルが今季リーグ初先発となった。

試合当日に訃報が伝えられたクラブレジェンドでのテリー・ヴェナブルズ氏への追悼ムードのなかでスタートしたトッテナム・ホットスパースタジアムでの上位対決。

互いにハイライン、アグレッシブさを信条とする両者の一戦は立ち上がりからチャンスを作り合うオープンな展開に。開始3分にはペドロ・ポロのミドルスルーパスによって中央でラインブレイクしたウドジェがボックス内でシュートを放つが、利き足とは逆の右足シュートは枠を外れる。さらに、直後にショートカウンターからゴール前に抜け出したクルゼフスキがDFとGKを滑らせて左足を振り抜くが、これは惜しくも左ポストを叩いた。

一方、ピンチを凌いだアストン・ビラは4分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でディーニュの正確なクロスをゴール前でフリーのパウ・トーレスが頭で合わせるが、これは惜しくも枠の左へ。

その後は見応えのある球際でのバトルが繰り広げられるなか、ショートカウンターや変幻自在の仕掛けでハイラインを攻略するホームチーム。7分にはボックス左に抜け出したブライアン・ヒルの枠内シュート、2列目やサイドバックの裏抜けからが再三の決定機を創出。だが、際どいオフサイドや最後の精度や連携の質を欠き先制点には至らない。

それでも、22分には右CKの流れからペナルティアーク付近に流れたボールに反応したロ・チェルソが得意の左足を一閃。ゴール前でDFジエゴ・カルロスにディフレクトしてコースが変わったシュートがゴールネットに突き刺さり、今季初先発のアルゼンチン代表MFの鮮烈な一撃で先制に成功した。

一方、流れの中では耐えたものの、セットプレーで失点したアウェイチーム。直後の24分には左サイドのスペースに抜け出したディーニュの正確なクロスをゴール前のワトキンスが頭で合わせてゴールネットを揺らす。だが、電光石火の同点ゴールはVARのレビューの結果、かなり際どいオフサイド判定で認められず。

VARに救われてリードを維持したトッテナムだが、直後にアクシデントが発生。キャッシュのアフターチャージを受けたベンタンクールが右ヒザを負傷。一度はプレーに復帰も自らピッチへ倒れ込んでしまい、32分にホイビュアとの交代でピッチを後にした。

新たな負傷者を出したホームチームだが、交代で入ったホイビュアもスムーズに試合に馴染んで主導権を渡さない。以降もクルゼフスキのボックス右得意の角度で放った左足シュートや、ソン・フンミンの背後への抜け出しから決定機を創出する。

対して相手の質の高いパスワークに後手を踏みキャッシュにあわや2枚目のカードで退場という難しい展開が続くアウェイチーム。それでも、エメリ監督の下でタフに鍛え上げられたチームは、ほぼラストプレーとなった前半アディショナルタイム7分に得意のセットプレーで追いつく。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのドウグラス・ルイスが正確な右足のクロスをゴール前のスペースに落とすと、オフサイドぎりぎりで飛び出したパウ・トーレスがゴール右上隅に正確なヘディングシュートを叩き込んだ。

ホームチーム優勢も共にセットプレーで奪ったゴールによって1-1のイーブンで折り返した試合。アストン・ビラは退場のリスクのあるキャッシュとディアビを下げてベイリー、ティーレマンスをハーフタイム明けに投入。

後半も試合展開に大きな変化はないが、52分にはベイリーが左ポスト直撃のシュートで見せ場を作ると、アストン・ビラのもう一人の途中出場選手が逆転をお膳立てする。61分、ボックス手前右でボールを受けたティーレマンスが丁寧なワンタッチパスをボックス中央に走り込むワトキンスに通すと、イングランド代表FWが冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。

効率の良いアウェイチームの攻めに屈して3試合連続で逆転されたトッテナム。すぐさま反撃に転じると、流れの中でポロ、セットプレーからベン・デイビスとディフェンスの選手が決定機に絡んでいく。

さらに、71分にブライアン・ヒルを下げてスキップを投入し、クルゼフスキを右サイド、ブレナン・ジョンソンを左サイドに配置転換。これでうまく目先を変えると、73分にはブレナン・ジョンソン、ホイビュアの連続シュートでゴールに迫るが、ここはGKマルティネスの圧巻の連続セーブに阻まれる。

後半終盤にかけては代表戦明け初戦という過酷な条件によって互いに中盤が間延びしてオープンな展開に。その中で互いにゴールへ迫るが、ヴィカーリオ、マルティネスと両守護神が再三のビッグセーブでスコアを維持する。

何とか勝ち点1でも手にしたいトッテナムは、長身FWベリスの投入で最後までゴールを目指したものの、ポロのシュートが左ポストに阻まれるなどツキにも見放された。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、アストン・ビラが2連勝で4位に浮上。一方、3戦連続逆転負けで3連敗のトッテナムは5位に順位を下げて次節はシティとの厳しいアウェイゲームに臨むことになった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください