1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

栃木が今季まで金沢の監督だった柳下正明氏をヘッドコーチに招へい、磐田時代の教え子・田中誠監督と磐田タッグ「全て出し尽くして戦おうと考えています」

超ワールドサッカー / 2023年12月5日 11時25分

写真:©超ワールドサッカー

栃木SCは5日、今シーズンまでツエーゲン金沢を指揮した柳下正明監督(63)がヘッドコーチに就任することを発表した。

同日に新監督に田中誠氏を迎えることを発表していた中、かつての教え子と共に栃木を支える。

柳下氏は、ジュビロ磐田のサテライトやトップチームでコーチを務め、ユースでは監督も務めると、2003年に監督に就任。J1では年間2位になると、天皇杯では優勝を果たしていた。

2004年にはコンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)の監督に就任。2007年に静岡産業大学サッカー部コーチになると、2007年に磐田にコーチとして復帰。2009年から再び四季を取り、2010年にはリーグカップで優勝を収めていた。

2012年6月にはアルビレックス新潟の監督に就任すると、2017年から金沢を指揮。J2を戦うチームで苦しいシーズンが続いた中、2023シーズンは最下位に終わりチームはJ3へと降格。監督を退任していた。

柳下氏は、クラブを通じてコメントしている。

「シーズンが終わってすぐに声を掛けていただき有り難く思っています。今まで自分が経験して得てきたものを、チーム、クラブの成長の為に、全て出し尽くして戦おうと考えています」

「監督が考えているサッカーを選手達がピッチで表現出来るように、サポートして行きます。来シーズンよろしくお願いします」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください