1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ベッカム氏が元アメリカ大統領と再会、現役時代にはホワイトハウスで面会したことも

超ワールドサッカー / 2023年12月8日 12時30分

写真:Getty Images

インテル・マイアミの共同オーナーを務める元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が、元アメリカ大統領と再会している。

現役時代、芸術的な精度を誇る右足のキックや、その甘いマスクからは想像もつかないハードなプレーを武器に、主にマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーで活躍したベッカム氏。キャリア終盤にはMLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーでもプレーし、アメリカでのサッカー人気向上に大きく貢献していた。

引退後も、インテル・マイアミの共同オーナーとしてMLSに携わっているベッカム氏だが、8日にインスタグラムを更新。妻のヴィクトリアさんとともに元アメリカ大統領のバラク・オバマ氏と記念撮影を行った。

現役時代、ベッカム氏はロサンゼルス・ギャラクシーでタイトルを獲得した際にホワイトハウスを訪問。当時の大統領がオバマ氏であり、再会という形になった。

ベッカム氏は、オバマ氏との再会について感謝を綴っている。

「オバマ財団が世界中の次世代のリーダーたちに力を与えるために行っている素晴らしい活動を支援するために、バラク・オバマ氏と一緒に過ごすことができて光栄だった」

「気品と謙虚さを備えた偉大な模範であるバラク・オバマ氏から、若者の生活を変え、地域社会を改善する革新的なプロジェクトの話を聞くことができ、とても感動している。大統領、ありがとうございます.....あなたの情熱と信念に満ちたスピーチを聞けて光栄でした」


【写真】ベッカム氏とオバマ氏の2ショット!ヴィクトリアさんとの3ショットも



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください