1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

Sky、クライアント運用管理ソフトの最新版「SKYSEA Client View Ver.16.2」

週刊BCN+ / 2021年4月1日 15時50分

写真

記事の画像

 Skyは、企業・団体向けクライアント運用管理ソフトウェアの最新バージョン「SKYSEA Client View Ver.16.2」の販売を3月29日に開始した。

 「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をコンセプトに、資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった「情報漏えい対策」や「IT運用管理」を支援する機能を搭載している。サイバー攻撃に対する多層防御や組織のテレワーク運用を支援する機能などを搭載しているほか、各メーカーの製品と連携することで、各種対策をさらに強化できる連携ソリューションも提供している。

 今回の新バージョンでは、テレワークなどで利用する機会も多いウェブ会議システムの資産情報を新たに収集・管理できるように機能を強化。クライアントPCごとのウェブ会議システムのインストール状況やバージョンを資産情報として収集することが可能となった。未更新のPCを素早く確認できるようにすることで、脆弱性対策の徹底をサポートする。

 また、データの不正な持ち出しを防ぐため、事前に登録した宛先以外にメールが送信される際に、添付ファイルを自動で削除できるようにした。事前にメールアドレスやドメインを登録しておくことで、未登録の宛先を含むメールが送信される際に添付ファイルを自動で削除する。組織内のデータをメールで外部に持ち出すといった、情報漏えいリスクが伴う行為を防止することができる。

 このほか、業務終了時刻を通知するメッセージ上で従業員が当月の累計残業時間を確認できる機能や、ネットワークドライブの使用を制限しデータの持ち出しを防止する機能、ウイルス対策ソフトウェアの動作状況など、PCの状態を自動で診断しセキュリティリスクがある場合に利用者にメッセージで通知する機能も新たに搭載している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング