1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ウイングアーク1st、伊藤忠商事や味香り戦略研究所と業務提携 「FOODATA」でDX支援

週刊BCN+ / 2021年7月9日 14時22分

写真

記事の画像

 ウイングアーク1stは、伊藤忠商事と味香り戦略研究所の2社と業務提携して開発した食の商品企画・開発領域におけるDX支援サービス「FOODATA(フーデータ)」の提供を開始する。

 FOODATAでは、食の商品企画・開発プロセスにおいて「勘と経験」をデータで裏付け、商品づくりの各要素にデータを活用することで食品企業の担当者にアイデアが検証できる環境を提供する。

 ダッシュボード上では、食品に関する「味」「原材料」「栄養」などの「モノデータ」と消費者に関する「ID-POS(ID付きPOSデータ)」「消費者の認知・評価」「トレンド情報」などの「ヒトデータ」を商品軸でデータ集計し、分析・可視化できる。データの集計から可視化までの領域では、ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」とデータ基盤ソリューション「Dr.Sum」が組み込まれている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング