1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

「SAFR」でDX支援、リアルネットワークスがNTTドコモと販売代理店契約

週刊BCN+ / 2021年8月25日 15時51分

写真

記事の画像

 リアルネットワークスは8月25日、NTTドコモと販売代理店契約を交わすことで合意したと発表した。AI顔認証ソフトウェア「SAFR(セイファー)」とNTTドコモの5Gネットワークなどのアセットを組み合わせて提供。ユーザー企業のDX推進を支援する。

 SAFRは、NIST(注1)の実施する FRVT 1:1 Verificationで、4月26日に発表された試験結果において世界各国から298のアルゴリズムが提出され、Wild Face(動画など生活環境で撮影された顔画像)のテストで、FNMR/本人拒否率が2.85%以下のトップ集団66社の中で認証スピードが最速(約0.1秒)、顔特徴モデルのサイズが最小という成績を収めた。これによりハードウェアのコスト低減が可能となり、TCO(総所有コスト)を下げることができる。

 認証速度が速いことで多数の人物の瞬時の識別を実現し、自動改札・入館ゲートなどでも渋滞なく認証を可能にする。高速・低遅延の5Gネットワークとの相性に優れ、ビルや工場などでの入退室(場)管理(セキュアアクセス)、セキュリティ監視、迷子検索や徘徊の見守り(ウォッチリスト)、個人を特定しない、性別、年齢、表情などからの店舗やデジタルサイネージなどでの属性分析(デモグラフィック分析)、電子決済、マイナンバーカード活用のためのe-KYC(オンライン本人確認)など、幅広い用途での活用が容易になる。

 SAFRバージョン3.5では、「なりすまし防止機能」も備え、写真や動画で人認証ができなくするなどの安全性を高めている。さらに、NISTで高い評価を得た、肌の色による誤認識を抑え多国籍の顔認証を精度高く実行することも可能となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング