新たな「針なし注射器」の開発成功 実用化に期待

Welby Media / 2014年12月4日 17時0分

新たな「針なし注射器」の開発成功 実用化に期待

12月2日、「針なし注射器」の開発が成功したと、芝浦工業大学から報告されました。

この研究は、微細機能性流体工学研究室(山西准教授)によるものです。
現在の「針なし注射器」は、バネの力を使って高圧で液体を発射するため、細胞を傷つけてしまったり痛みを感じるところが課題に残っていたそうです。

今回芝浦工業大学の開発結果では、針を使わずに気泡の圧力で、試薬や遺伝子までも体内に届けることのできる仕組みとのこと。
この開発により、「直接皮膚に押し当てるだけで、注射技術の習熟度に関係なく、痛みを伴わずに高精度で試薬を目的の場所へ輸送することのできる新たな注射器を開発しました。」
と報告しており、実用化に向けて企業と連携をしていくとのことです。

注射器といえば、針の太さはかなり細くなってきたものの、やはり注射は”痛い”、”怖い”という印象があると思います。特に小さいお子さんは予防注射なども、大変だったのではないでしょうか。1型糖尿病で小さい頃からインスリン注射を打っている方で、小さいころは注射が嫌だったというお話も聞いたことがあります。
こういった研究開発によって、インスリン注射もストレスなく投与できるようになることを期待したいですね。

◆参考:芝浦工業大学
高速発射気泡による「針なし注射器」の開発に成功~マイクロレベルの気泡で高精度の試薬輸送を実現~

http://www.shibaura-it.ac.jp/news/2014/40140347.html

執筆者紹介

Welbyベアー

Welby Bear(ウェルビー ベアー)
Welby Media編集員

日々、医療者や患者さんと接しながら勉強中。
Welbyのサービスをより分かりやすく、より多くの人に伝えるために、頑張ります!

Welby Media (ウェルビーメディア)

トピックスRSS

ランキング