高橋一生と森川葵は今も交際中? バッシングから8カ月

wezzy / 2018年10月24日 18時25分

写真

 現在、主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)が放送中の高橋一生(37)。また、佐藤健(29)とのダブル主演映画『億男』も公開中であり、来年にも主演映画の公開が控えているなど、俳優として絶好調だ。

 そんな高橋だが、一時はプライベートな事情から“イメージがた落ち”とネット上でバッシングを受け、俳優人生を危惧する記事を連発されたこともあった。

森川葵との“14歳差”熱愛が発覚

 高橋がネット上で叩かれるきっかけとなったのは、今年2月に「FLASH」(光文社)によって報じられた女優の森川葵(23)との熱愛だ。高橋の自宅マンションに度々森川が訪れており、“自宅デート”を繰り返していると、写真つきで報道された。

 二人の年の差は“14歳”であり、「若くて可愛い女がいいんじゃん」とショックを受ける高橋のファンが多かったとされている。また、高橋の私服が「若作り」「イメージと違う」と、熱愛とは関係のない彼のファッションセンスまでも批判の的となった。

 過去に森川は『A-Studio』(TBS系)のアシスタントを務めており、同番組に高橋がゲスト出演した際には「一生様大好きなんですよ!」「やっぱりすごく顔が好きです。どタイプなんです」と率直に告白。そんな森川に対して「肉食すぎ」と非難する声も上がった。

 以上のことから、“祝福ムード”というよりも、どちらに対してもマイナスなイメージを抱く人が多い様子で、結果、「仕事に影響か」と二人の今後を心配する報道がされたのだった。

 その後、一部では破局したという情報もあったが、二人の関係について決定的な続報はなく、双方の仕事も至って順調な様子だ。

森川にとって高橋との出会いは“運命”?

 そんな中、森川葵は宮藤官九郎演出の舞台『ロミオとジュリエット』のジュリエット役を務めるにあたり、「週刊女性」(主婦と生活社)2018年10月30日号の取材に応じた。

 「運命的な出会いを感じたことはありますか」という質問に対して彼女は、「女性でも男性でも、“この人好きだな、合うだろうな”って直感すると、後に仕事の現場で会ったら思ったとおりだったということはありますね」と回答。

 その例としてあげているのは女優の黒島結菜(21)とのエピソードだが、森川は『A-Studio』の収録より以前にはドラマ『プリンセスメゾン』(NHKプレミアム)で高橋と共演している。高橋とも直感でピンときたのかもしれない。

 年の差はあれど、森川はすでに20歳を過ぎており、二人が交際をすることは何の問題もない。また、高橋一生がブレイクしたのはここ数年のことだが、芸暦は長く演技派として認められている俳優だ。一方、森川も元々はファッション雑誌『Seventeen』(集英社)のモデルとしてデビューしたが、役作りのために頭を丸刈りにしたり、個性の強い役も演じきったりと、アイドル女優という立ち位置ではない。

 熱愛報道がされても仕事が順調なように、もし、交際が継続されており結婚に至ったとしても、“演技力”を評価されている二人であれば、仕事に大きな影響がでることはないだろう。是非、この恋愛で培ったものを演技に活かして欲しい。

(栞こ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング