ガンバレルーヤ・よしこの熱愛報道、売れっ子芸人ゆえ招いた誤解?

wezzy / 2018年11月12日 16時15分

写真

 11月7日発売の「FRIDAY」(講談社)が、お笑い芸人ガンバレルーヤ・よしこ(28)らの熱愛(?)報道をスクープした。ガンバレルーヤのよしことまひる(25)、そして兄弟お笑いコンビのミキ・亜生(30)と昴生(32)の4人が、東京・中野の深夜の路上で、まるでダブルデートのようにイチャイチャしていたのだという。

 記事によると、10月中旬のとある日の23時半頃、彼女たちは中野のジンギスカン店から出てきた。先輩芸人を見送る際、よしこはミキの亜生と手を繋いでおり、相方のまひるも昴生とじゃれ合っていたとある。掲載写真を見てもたしかに仲は非常に良さそうだ。しかしその後、とくに色めいた展開もなく、めいめいがタクシーで帰宅したという。ガンバレルーヤの2人はルームシェアをしているため、同乗して帰途に着いている。

 このダブルデートがスクープされると、よしこはTwitterで「一部週刊誌でミキ亜生さんとの熱愛報道がありましたが、亜生さんとは先輩後輩の仲で、尊敬している先輩の一人です。交際している事実は一切ございません」とコメント。まるで大物女優の熱愛発覚かのような文面で否定するという芸を会得し、ファンを笑わせている。

 熱愛は誤解のようだが、こうした報道が出たこと自体、ガンバレルーヤのブレイクを証明する。独特なルックスと空気感が人気で、現在ノリにノッている女性お笑いコンビ・ガンバレルーヤ。件の「FRIDAY」の記事によれば、「イモっぽいルックスに『癒される』という声も多いそうで、昨年に比べて番組出演は97本増えた」という。

 その人気を裏付けるように、ここ最近のガンバレルーヤはテレビのみならずPRイベントにも引っ張りだこだ。10月22日には「アフラックの健康応援カフェ」のオープニングイベントに登場。よしこは人気俳優・田中圭(34)に終始うっとりしたようすで、カフェのフラッペを“あーん”をされて、大興奮のリアクションだった。



 さらに、よしこは来年公開される映画『Bの戦場』で女優に挑戦することが決定している。ヒロインで“絶世のブス”という香澄役という重要な役どころであり、速水もこみち(34)や大野拓朗(29)といったイケメン枠の役者たちと共演。よしこはこのオファーを受けた時「ドッキリだと思ってた!」と振り返っている。

 さまざまな分野に進出しているガンバレルーヤ。芸人がブレイクすると「一発屋」で終わることを危惧される。にゃんこスターはもうテレビで見かけなくなった。しかしテレビに定着する女性コンビは着実に増えており、ガンバレルーヤには一発屋で終わらず今後もファンに癒しを与えてほしい。

(ボンゾ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング