GACKT、元カノはハリウッド女優で収入源は海外事業 謎多き私生活は本当か?

wezzy / 2019年2月16日 20時5分

写真

 今月22日から公開される映画『翔んで埼玉』で二階堂ふみと共にダブル主演を務めたGACKT。GACKTといえば日本人離れしたルックスと豪遊ぶりで“正体不明”キャラとして定着しているが、この映画の宣伝として出演しているバラエティ番組では、過去の恋愛や収入源などを赤裸々に暴露し、話題となっている。

 映画『翔んで埼玉』でGACKTが演じるのは、実は埼玉出身の容姿端麗なアメリカ帰りの美青年。最初は高校生役ということで即オファーを断ったというが、原作者・魔夜峰央からの指名と聞いて引き受けることにしたという。

GACKTの元カノはハリウッド女優の卵?

 現在45歳のGACKTの恋愛遍歴はまさに多彩だ。GACKTは、20代で結婚と離婚を経験したと2010年放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)などで告白。その他、真偽は不明ながら女優の米倉涼子や釈由美子、歌手のICONIQなどとの交際が噂されてきた。

 そんなGACKTだが、実はハリウッド女優の卵とも恋に落ちたことがあると、今月13日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で明かしている

 GACKTによると、彼女と出会ったのはロサンゼルスの有名ブティックホテルで、そのホテルはハリウッド中の有名プロデューサーが泊まるため、ハリウッド女優の卵も働いていたという。

 GACKTがホテルのプールに行くと、美しいウエイトレスの女性が注文を取りに来たといい、GACKTは緊張のあまり声が出なくなってしまったそうだ。その女性とは連絡先を交換し少しの間だけ交際したが、しばらくGACKTがロスに行けなかったことで、破局を迎えたという。現在、その彼女は女優として成功したようで「名前聞いたら『あっ!』となる人」だという。

 また、番組内でGACKTは「時が止まるような出会いをしたい」という理由で、「出会い系アプリ」に登録したことがあることも明かした。GACKTいわく、特定の恋人は長らくいないそうで、ダンサーに勧められた「出会い系アプリ」に名前、写真、生年月日を偽りなく登録したという。しかし、数日後に突然アカウントが凍結された。どうやら運営側に“なりすまし”とみなされてしまったようだ。偽名を使ったほうが良かったかもしれない。

富豪GACKTの収入源は海外事業

 GACKTは“富豪”としても有名だ。お正月の恒例番組『芸能人格付けチェック』(朝日テレビ系)では高価なものを見抜く力で常に一流芸能人の座にいる。また、海外にもいくつか自宅を所持しており、マレーシア・クアラルンプールにある豪邸は個人宅とは思えない外観で、プールやバーカウンターも設置されておりまるでホテルのようだ。

 しかしGACKTがこなす、俳優、歌手、タレントの仕事だけでそこまでの富が手にできるとは考えにくく、GACKTの収入源が何なのか気になる人も多いだろう。『今夜くらべてみました』のMC陣も気になったようで、SHELLYやフットボールアワーの後藤輝基は「何でそんなにお金を持っているのか」と質問。

 するとGACKTは、「30歳くらいまでは音楽だけで生計を立てていたが、その後、海外で様々な事業をやり始めた」と回答。芸能活動だけでなく海外事業の成功によって、高収入を得ているようだ。一方、事業の内容について深堀りされると「輸入とか輸出とか」と大まかな内容しか答えることはなかった。

 ちなみに、今月14日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のコーナー「ゴチになります!」に参加したGACKTは、約20年間白米を口にしていないと告白し、死ぬ前に食べたいものは、意外にも「冷やした古古米」と話していた。古古米とは、前々年に収穫された米のことである。

 これまで謎に包まれていた私生活や仕事について赤裸々に明かし始めたGACKTだが、やはりツッコミどころは満載であり、何をどう語ったところで彼の謎は深まるばかりだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング