高視聴率ドラマ『3年A組』、まだ間に合う「明かされた謎、残された疑問」

wezzy / 2019年2月18日 21時5分

写真

 菅田将暉主演の連続ドラマ『3年A組-今から皆さん、人質です-』(日本テレビ系)が二桁視聴率をキープし続けている。今月15日放送の第6話視聴率はこれまでで最高の11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。時間帯は異なるが、同じ日曜の大河ドラマ『いだてん』(NHK)や『グッドワイフ』(TBS系)といった高視聴率常連枠のドラマがいずれも一桁で低迷していることを考えると、数字の面では『3年A組』が圧倒的な勝利といえる。

 主人公は、卒業式の10日前に、担任する3年A組の生徒29人を人質にして学校に立てこもるという狂気じみた行為をやっているように見せかけて実は生徒思いらしい、美術教師・柊一颯。菅田将暉の演技力は言わずもがな、そんな一颯によって極限状態に追い込まれ、しかし少しずつだが成長を見せていく生徒たちを演じている、若き役者たちの奮闘ぶりもまた凄い。

 一颯は人質にした生徒たちに、自殺したとされるクラスメイトの景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相を導き出すよう要求。澪奈はなぜ死を選んだのか、澪奈を貶めるフェイク動画を投稿したのは誰か、撮影者は誰で、撮影者に指示したのは誰か……。誤答の場合は生徒の誰かが犠牲になる(一颯が殺す)。

 初回からショッキングな描写が続く同作だが、実は一颯は誰も殺していない。生徒たちも「先生は私たちのためにこんな事件を起こした」のだと徐々に気づいていく。視聴者も最終回まで継続して見たくなる、まさに「続きが気になって仕方ない」つくりが秀逸だ。

 刑事や婚約者の父などの協力を得て、おそらく入念に今回のことを計画してきたであろう一颯は、病気で余命僅か。各話ごとに違う生徒にスポットが当たり、次から次へと新事実が発覚していくが、設定そのものは案外わかりやすく、とっつきやすい作品でもある。

黒幕はひとりじゃない?

 亡くなった澪奈は、水泳部エースで将来を渇望され、メディアにもてはやされる特別な存在だった。クラスメイトにはそんな澪奈に対して何らかの葛藤を抱く者もいた。本作のヒロインで学級委員のさくら(永野芽郁)は澪奈に憧れ、ある時から距離を縮めていくが、宇佐美香帆(川栄李奈)にとっては面白くない。陰で“奴隷”と呼ばれるさくらを格下で取るに足らない存在だと信じて疑わない香帆にしてみれば、澪奈が自分ではなくさくらとつるんでいる状況は、不愉快だった。

 香帆は澪奈のドーピング疑惑につながるフェイク動画を拡散させる暴挙に出た。クラスでも噂が広まり、澪奈は避けられるように。動画を撮影したのは澪奈にフラれて逆恨みしたサッカー部エースの里見海斗(鈴木仁)で、里見をそそのかして動画撮影を指示したのは夢を実現させていく澪奈に嫉妬した問題児の甲斐隼人(片寄涼太)。ちなみに甲斐は母親が事故で身体が不自由になり、バイトや弟妹の面倒のためにダンスの夢を諦めた苦労人という設定だ。

菅田将暉演じる教師の「演説」がすごい

 未熟な子どもたちの過ちの連鎖は、澪奈を追い詰めた。一颯はそんな生徒たちの幼稚さを指摘し、熱く訴え、教え導こうとしているように見える。時に涙を流すこともあるが、言っていることそのもの、つまり生徒たちに伝えたいことは、ストレートでわかりやすい。毎話、一颯の演説シーンがアツい。

「過去の自分が、今の自分を救う! だから、過去から目を背けているお前も、お前も、お前も、極めて幼稚なガキのまま成長が止まってるってわけだ! そんな奴らが一体何から卒業するって言うんだよ!」
「悪意にまみれたナイフで穢れなき弱者を傷つけないように、変わるんだよ! 変わってくれ……」
「お前は、景山にしたことが自分にされたらどんな思いをするのか、考えたことあったのか」
「逃げるなぁっ! お前に足りなかったものは、想像力だ。嘘の投稿で、言われのない中傷を受けたら、どれほど傷つくのか。お前にはその痛みを想像できなかった」
「真壁は自分が選手として復帰できなくなった時に、相手を憎むのではなく仲間をサポートする道を選んだ。熊沢だって彼女に勝とうと努力をして負の感情を跳ね返した。お前はどうだ? 傷ついた悲しみを明日の活力に変えられなかった。それが、お前の弱さだ!」
「夢を諦めた自分と対照的な彼女が妬ましかった。違うか? お前が抱いた悩みや苦しみを、仲間に、教師に、誰か助けてくれってお前はすがったか?」
「遅いなんて言わせない。真実を明かして、明日と闘え、抗え! もがいて掴め! 生きてるお前にはそれができるんだよ」
「みんなお前と一緒だよ。もがいて、それでも、正解を求めて前を向く。ダメなら傷つきながら引き返す。また歯を食いしばって前を向く。みんなみっともないんだよ。でも、それがいい。恥もかかずに強くなれると思うな! お前のこれまでは、誰が何と言おうと絶対間違ってない!」

 一颯の語るような“正しさ”を持つことは大人でも容易ではないが、菅田将暉の演技には、説得力がある。

澪奈の死の真相に近づいていく

 第6話では、澪奈を貶めるフェイク動画の顧客リストに入っていた教員が誰なのかを突き止めようと、生徒たちが動き始めた。澪奈は複数の悪意に追い詰められたが、自ら死を選んだわけではなく「殺された」と一颯は確信している。どうやら澪奈の死には、半グレ集団や魁皇高校の教員が関係しているらしい。

 元水泳部の水越涼音(福原遥)は、かつて交際相手がいるという理由で顧問の坪井(神尾佑)に強制的に退部させられており、リストに入っている教員は坪井であると思い込む。涼音は坪井にセクハラ・パワハラを受けたと告発する動画の拡散を計画し、一颯はそれを止める。実は、坪井は涼音の母親に頼まれ、致死性不整脈のため競技を続けると命にも危険が及ぶ涼音を(本人に病気と知らせず)水泳部から辞めさせるため、「男とイチャついているやつが練習来たって迷惑なんだよ!」と涼音を突き放したのだった。

 ここでも一颯は涼音に厳しく迫る。

「坪井先生に逆恨みしてこの動画を撮った」
「お前がこの動画をネットに投稿しようとしたことには変わりはない。違うか」
「この動画が世間に広まったら坪井先生がどんな目に遭っていたのかよく考えたのか? なあ、考えたのか!」
「お前の不用意な発言で、身に覚えのない汚名を着せられ、本人が、家族が、友人が、傷つけられたかもしれないんだ」
「お前は、取り返しのつかないことやろうとしたんだ、なあ、わかっているのか!」
「お前ら、いい加減目を覚ませよ、変わってくれよ! 何がいけなかったのか上辺だけで物事を見ないで、よく考えるんだよ!」
「お前たちはもう、感情に任せて過ちを犯せる歳じゃないんだよ。それが許される年じゃないんだよ。考えて、考えて考えて、答えを出すんだよ! だからもっと自分の言葉に、自分の行動に責任を持てよ」
「お前の言葉ひとつで簡単に、命を奪われるってこと忘れるな! お前らも絶対忘れるな」

 SNSに投稿した動画が「ニュース」としてテレビでも大きく報じられる昨今、リアリティのある問題だ。

 日曜夜の日テレドラマ枠は、22時半スタートと遅いが、前クールの『今日から俺は!!』は小中学生らに人気を博してヒットしており、若者の支持を得つつある枠といえるだろう。その枠でこれほどストレートに、若者に向けて訴えていく。そしておそらく、好調な数字から見るに、その狙いはしっかり受け止められている。

 残された疑問が解明されていく最終回に向け、まだ盛り上がりは加速していくだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング