平野紫耀「俺ってビジネス天然なのかなって…」冷笑にも構わずキンプリを大プッシュしまくるジャニーズ事務所の一大計画

wezzy / 2019年3月18日 20時5分

写真

 3月17日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、平野紫耀が登場する。平野は昨年5月にデビューした、ジャニーズ事務所の新星グループKing & Prince(以下、キンプリ)の人気メンバーだが、持ち前の“天然”エピソードを武器にバラエティ番組にも多数出演しており、お茶の間の市民権も得ている。

 平野紫耀の天然エピソードはとにかく豊富。昨年9月にキンプリで出演した『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)では、平野が「いなり寿司はスイーツだと思っている」とメンバーの永瀬廉が暴露。ほかにも「雪は積もったら食べる」「豆乳イソフラボン入り乳液を、豆乳の味がすると思って舐めた」「エイプリールフールを“エリンギプール”と言い間違える」などの天然発言や珍行動エピソードで視聴者を沸かせていた。

 しかし、この目に余る天然っぷりに、一部からは「平野紫耀は“ビジネス天然”では?」という疑惑も浮上しているようだ。ネット上で平野の天然ぶりへの冷笑やバッシングも目立つようになってきた。

 そこで平野は3月14日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演し、ビジネス天然疑惑の“検証”を行った。この番組でも、「うどんは一度も噛まずに飲み込む」「オフの日はトースターやストーブなどを持ち込んだトイレで過ごすなど」耳を疑うようなエピソードが飛び出していたが、実は平野自身「俺ってビジネス天然なのかなって、悩み始めてます」と告白。

 そこで催眠術師氏が登場し、平野の苦手な椎茸の味を大好物のぬれおかきの味と教え込んだ。椎茸を嬉しそうにパクパクと食べていた平野だが、催眠術が解かれた瞬間、吐き気を催しパニックに陥った。これを見た催眠術氏は平野を“ピュアなド天然”と太鼓判。疑惑が解消した平野は安堵の表情を見せ、SNSではは「平野くんがしいたけ食べてる!」「しいたけ食べる平野くんの貴重な姿をありがとうございます」「今日もしょうくんが笑顔で幸せ」などと興奮気味の意見が相次いだ。

ジャニーズ事務所が平野紫耀とキンプリをプッシュしまくる理由

 バラエティ番組への出演ラッシュが続く平野だが、昨年は映画『honey』や『ういらぶ。』にも主演。青春恋愛映画でファンの黄色い声を恣にしている。さらに、2019年9月公開の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』にも主演が決定しており、快進撃が続いているのだ。

 とはいえ、バラエティや映画にメディア露出を重ねる現状を“ゴリ押し”と揶揄する向きもある。昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)が行った「嫌いなジャニーズランキング」では10位にランクイン。女優の平祐奈との交際疑惑を嫌悪するファンのほか、「天然エピソードが鼻につく」という意見も上がっており、並み居る先輩方を抑えて不名誉なランクを獲得してしまった。

 それでもアンチの多さは人気の証でもある。平野が猛烈プッシュされる背景には、ジャニーズ事務所が平野、ひいてはキンプリをなんとしても売り出したいという思惑がある。



 ジャニーズ事務所は嵐の活動休止を決定、さらに最近では関ジャニ∞の錦戸亮、大倉忠義らメンバーの脱退疑惑、解散説まで浮上している。そこでジャニーズ事務所が次世代のスターとして賭けるのがキンプリであることは、誰の目にも明らかだろう。キンプリはジャニー喜多川氏の肝入りグループであると同時に、ジュリー氏もプッシュ。デビュー間もないキンプリだが、今夏の『24時間テレビ』(日本テレビ系)には、先輩グループを差し置いてキンプリがメインパーソナリティに抜擢されたと見られている。

 また現在、嵐は冠番組として『VS嵐』(フジテレビ系)と『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の2番組を持っているが、活動休止に入る2020年以降のその枠の1つはキンプリが引き継ぐと複数のメディアが報じている。ジャニーズ事務所は日本テレビにキンプリを託しているという話もあり、『嵐にしやがれ』の枠が有力とではないかとされる。

 ジャニーズの期待を一身に背負うキンプリだが、事務所は彼らのケアも抜かりない。2月の「日刊ゲンダイDIGITAL」は、ジャニーズ事務所は一刻も早くキンプリを次世代のスーパーアイドルとして育てるべく、メンバーに特別研修を行っていると伝えた。その内容は女性や飲酒問題などのスキャンダル対策で、平野をはじめキンプリメンバーは徹底的な教育を施されているというのだ。さらに事務所は“リフレッシュ休暇”なる制度を導入し、キンプリをプッシュする傍ら、まとまった休息も取らせる予定だと伝えられている。

 まさに金の卵のごとく、大切に育てられているキンプリ。事務所の全面バックアップのもと、今後も活躍を続けるだろう。地上派で見る機会もさらに増えていくはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング