キンプリ岩橋玄樹「飲みすぎ」報道で復帰意思は? 平野紫耀らメンバーの思い

wezzy / 2019年4月18日 17時5分

写真

 King&Prince(以下、キンプリ)の岩橋玄樹が、2月に警察沙汰を起こしていたと「文春オンライン」及び「週刊文春デジタル」(文藝春秋)が報じた。岩橋玄樹は2月19日夜、プライベートで複数の友人とお酒を購入するために原宿駅近くのコンビニに立ち寄ったが、年齢確認のため身分証の提示を求めた店員と口論となり、110番で駆けつけた警察官によって署まで連行。結果、厳重注意を受けて解散となったという。

 このトラブルについてジャニーズ事務所も事実と認めており、「コンビニエンスストアのスタッフの方の予期せぬ問いかけに対して突発的に緊張を感じて取り乱し、思わぬ形でご迷惑をお掛けすることとなり大変申し訳なく思っております」とコメントしている。

 岩橋玄樹は昨年10月にパニック障害を公表し、治療に専念するため活動休止に入っていた。キンプリは5人で活動を続けてきたが、今年2月17日に岩橋が一部活動再開を発表。しかし、この活動再開発表からたった2日後に岩橋はトラブルを起こしていたことになる。そのためなのだろう、2月28日には「引き続きパニック障害の治療に専念」と再開を撤回、再び活動休止状態になっている。

 詳しい情報を掲載した会員制の「週刊文春デジタル」では、療養せず酒を飲み歩く岩橋にキンプリメンバーが呆れ果て、不仲状態だという気になる記述もあった。果たして岩橋は、いつかキンプリに復帰できるのか、それともこのまま脱退してしまうのか。

キンプリの最新曲「君を待ってる」は、岩橋玄樹のこと?

 キンプリメンバーたちの本音はわからない。ただ、ジャニーズ事務所としては岩橋の復帰を待つ方向で調整していたはずだ。だからこそ、岩橋不在でも“6人”のフォーメーションで、キンプリはパフォーマンスを続けてきた。「女性自身」4月2日号(光文社)では、休養中の岩橋に向けてメンバーたちがポジティブなメッセージを送っている。

 各メンバーに一言ずつメッセージを送る企画のなかで、“岩橋玄樹へ一言”として、平野紫耀は「早く戻ってこい。2年目は6人そろって迎えたい。ファンの皆さんと待ってますよ」。永瀬廉は「僕には病気のこととか大変さは全然わからない。でも、できるだけ落ち着いた状態で復帰するのが、玄樹にとっても僕らにとっても一番だと思うので、しっかり休んで体を大事にしてください」とコメント。

 また、高橋海人は「居場所は僕たちでずっと守っていく。勝手に守っていくので、ゆっくりでもいいから、自分と闘って戻ってきてくれたらな、と」とし、岸優太は「ベストな状態で復帰してくれることを、みんなで待っています。健康第一でね」。もっとも岩橋と親しくファンから“じぐいわ”コンビとして愛される神宮寺勇太は「いろいろ思うことはあると思うけど、いまはじっくり休むことだけに専念して。これから先、何十年って活躍することを考えたら、とても短い期間だと思うから」……それぞれ、岩橋への温かく優しい言葉だ。



 また、岩橋とのコンビを“いわれん”と親しみを込めて呼ばれている永瀬廉が、「この前、20歳の誕生日をメンバーみんなで祝ってもらったんですが、それがご褒美かな。(岩橋)玄樹も来てくれて、うれしかった」とも明かしている。永瀬の誕生日は1月23日なので、岩橋は休養中もメンバーと顔を合わせているようだ。

 ちなみに、3月20日発売の『TVガイド 春の新番組特大号!』(東京ニュース通信社刊)のインタビューでも、永瀬は「岩橋から誕生日にソックスとキャップをもらった」とし、同取材にも岩橋からプレゼントされた靴下を履いてきたことを自慢していた。

 そのインタビューでは、岸優太も「岩橋とよく電話で話している」ことを明かし、ファンに向けて「安心して」とコメントを残していた。平野紫耀も、「俺たちが言わなくても玄樹は本当のことを分かってくれている。やっぱり6人がいいなと思ったし、1人でも欠けたらKing&Princeじゃない。戻ってくるのを待ってるよ」と言葉を投げかけ、キンプリの固い絆を覗かせたのだ。

 キンプリの3rdシングル「君を待ってる」は、当初、岩橋を含めた6人で3月20日にリリースされる予定だった。しかし岩橋が再び活動を休止したことで、発売は4月3日に延期されただけでなく、CDのジャケットは5人の姿のみの仕様になっている。岩橋は今、何を思うのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング