松岡茉優と有岡大貴が“玄米”で匂わせ? ファン激怒のわけとは

wezzy / 2019年4月25日 17時5分

写真

 昨年12月にHey!Say!JUMP・有岡大貴との同棲愛を週刊誌で報じられた松岡茉優。その後も女優として仕事は順調だが、有岡ファンからのバッシングが未だ継続している。

 二人の熱愛が発覚した当初は、松岡がSNSなどで有岡との交際を匂わせていなかったことから、二人の交際を祝福する有岡ファンも少なくなかった。しかしツイッター上で、松岡がヘビースモーカーであるという匿名のツイートが拡散されて風向きが変わってしまう。その後、今年2月発売の「週刊新潮」(新潮社)が、松岡は昨年11月に車の追突事故を起こしていたと報じると、バッシングはヒートアップした。

 そして今月、松岡が交際を“匂わせた”として有岡ファンの怒りが頂点に達しているようだ。

松岡茉優の“玄米食べてた”が波紋…

 松岡茉優は今月22日放送の『痛快テレビ スカッとジャパン』(フジテレビ系)にゲスト出演。若槻千夏が「嫌いな女性のタイプ」として「玄米とヨガを勧めてくる女」をあげると「私、玄米とヨガ、やってました」と告白した。

 健康や美容のために玄米を食べる人は多く、ただそれだけのことなのだが、実は有岡大貴も今月発売の「Tarzan」(マガジンハウス)のインタビューで「白米を玄米に切り替えてダイエットをした」と明かしている。

 松岡は料理をよくつくるとも公言しており、「松岡のつくった料理と玄米を有岡が食べていた?」という憶測が噴出。同時期の玄米発言を“匂わせ”と捉えたファンからは「有岡から離れろ」などの怒りの声があがっている。



 こうした有岡ファンの怒りが派生しているのか、松岡茉優に対してネット上で「態度が悪い」「気が強い」などと批判する声も目立ちはじめている。たとえば今年2月に行われたエランドール賞の授賞式に出席した松岡茉優は、田中圭のことを呼び捨てにし「生意気」だとバッシングを浴びた。また、主人公の声優を務めるアニメ映画『バースデー・ワンダーランド』のワールドプレミアの際、松岡は衣装チェンジをしたのだが、市村正親から「予定通り」とネタバラしをされると「こらー! 言うな言うな!」とタメ口で突っ込んでおり、その様子を伝えるネットニュースに批判コメントが相次いだ。

 今月21日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)に渡辺大知、伊藤沙莉と共に出演した際にも「態度が悪い」「気が強い」と批判的な意見が出ていた。松岡と伊藤はプライベートでも会う仲であり、芸能界に入った理由や結婚観、女優を続け湯と思ったきっかけなど、非常に話しは盛り上がっていたが、松岡が時折二人の話しを遮るように相槌を入れたり、年上の渡辺に対して終始タメ口で喋っていたことに違和感を持つ視聴者が少なくなかったようだ。

 また、女優としてのキャリアを重ねるにつれ責任と自身がついてきたという松岡は、「今までは役を“いただく”という感じだったが、今は他の人に持っていかれるくらいなら私がやる」「私がやるべきと思えるようになった」と語っており、ネット上には「気が強くて面倒くさい性格」という意見も見受けられた。

 ただ、強い意思を持っているからこそ女優としてのキャリアをここまで邁進してきたとも言える。松岡は現在24歳と若いが、芸歴は8歳からと長い。謙虚さばかりが美徳とされがちだが、「気が強」くて何が悪いのか。清楚や謙虚なイメージを維持するために猫を被っても、それはそれで「いい子ぶっている」とバッシングを受けるのだろう。

 玄米匂わせはともかく、彼女の態度や発言がいちいち叩かれる現状は、沢尻エリカが「別に」発言で「傲慢」「尊大」等と盛大にバッシングされた頃と世の中が何も変わっていないことを現しているようでやるせない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング