中居正広と木村拓哉にイジメや不仲説渦巻く…SMAPツートップだった二人の本当の関係は?

wezzy / 2019年5月2日 16時5分

写真

 元SMAPでジャニーズ事務所に残った中居正広と木村拓哉は、この春、事務所を退所した「新しい地図」の3人(草なぎ剛、香取慎吾、稲垣吾郎)の名をテレビやラジオで発して話題となった。SMAP解散以降、事務所残留組が彼らの話をすることは禁忌だとみられてきたが、これは何か状況の変化を意味するのかとファンは色めき立ったのだ。

 しかし不可解なことがある。ジャニーズ事務所に残った二人、中居と木村の共演は、解散後に全くないということだ。

 中居と木村は同級生であり、SMAPファンの間では「ツートップ」と呼ばれていた。グループ時代から二人をライバル関係だとする見方は強かったが、今年1月に「週刊文春」(文藝春秋)が、「中居が木村のことを“イジメていた”」と報道している。

 同誌によると、当時のSMAPの冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でMCを担当していた中居は、木村のトークを故意に遮るなどしていたそうで、傍から見ると“イジメ”だったという。このような中居の態度に嫌気が差したのか、木村は番組の収録をボイコットしようとしたこともあり、妻である工藤静香がマネージャー・飯島氏に「拓哉が行きたくないって言ってるんだけど」と、電話をかけた……と伝えている。

 両者ともあまりに幼稚な行動すぎてにわかには信じられない話なのだが、ともかく同誌によればこの二人は今も不仲らしい。

SMAP解散騒動で中居正広と木村拓哉の溝は深まった?

 SMAP解散騒動があったことで、中居と木村の溝は深まったとも言われている。もともと、SMAPは5人全員でジャニーズ事務所を退所する予定だったというが、結局、木村が事務所に残留することを決め、全員での退所は頓挫。そのことが引き金となり、SMAPは解散に追い込まれたというのが世間の認識だろう。

 最終的に中居もジャニーズ事務所に残留したが、前出の「週刊文春」では、中居は今でも時折「あの時、木村さえ裏切らなければ」「木村は許せない」とボヤいているとしている。さらに今年4月発売の号でも、中居は同じセリフを飲み仲間に吐いていると報じるなど、「中居と木村の仲はほぼ修復不可」というのが「週刊文春」の見解のようだ。

 しかし、SMAP解散の原因が木村の翻意にあったのか、また、中居が本当にそれを愚痴っているのかなど、真偽はわからない。ただSMAPが解散した2016年の大晦日に、中居、草なぎ、香取、稲垣、元メンバーの森且行が集い打ち上げをしたことを「女性セブン」(小学館)が報じたが、そこに木村の姿はなかった。そのことから、木村と中居を含めた他のメンバーの間に壁があるという噂の信憑性は増していた。

中居正広は「SMAP5人旅」で過去を振り返り号泣

 「仲良しこよし」の関係ではあらずとも、中居と木村の間には“絆”があるとみるファンも多かった。SMAPのメンバー同士の絆がわかるエピソードといえば、2013年に『SMAP×SMAP』内で放送された「SMAP5人旅」だ。

 5人は大阪の街を観光した後、夜はスナックでカラオケを楽しんだのだが、SMAPの曲である『BEST FRIEND』が流れると中居は突如「ヤバイ、泣きそうになっちゃった」と言いながら号泣。

 後日のラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で中居は、号泣した理由とSMAPメンバーの関係性について以下のように語っている

<それこそ、歌番組がなくて歌が売れない時とか、会社の人から怒られたとか……よくわかんない、そんなの。でも、なんとかやってかなきゃいけないからね。そんなの(気持ち)が全部……全部、出てきたんじゃないの>

<やっぱ緊張感のある5人だから成立するもので。やっぱり、僕らっていうのは“なあなあ”ではないグループなので。他のグループの話を聞くと、メンバー同士でご飯食べに行くとかってよく聞くんですけど、そういうの一切無いグループですから>

<ある意味やっぱ、SMAPはもうちょっとピリッとするからね。やっぱり僕は、ほどよく距離を置きたいタイプなので>



 この中居の発言からは、SMAPが仲良し友達の集まりではなく、あくまでも仕事仲間として互いに一線を引いていたことがわかる。過去にはメンバーの楽屋は別々、楽屋では一切話さないとの報道もあり、また解散後に新しい地図の面々が「以前よりも仲良くなって新鮮な驚きがある」等と公言していることからも、SMAP時代はプライベートでの繋がりは薄かったのだろう。

 ただ、だからと言って彼らが不仲であるということの証左にはならない。イジメだなんだと幼稚なことがあれば、25年もグループで活動しては来れなかったのではないか。「5人旅」での中居の涙をみれば、そこに信頼関係があることは明白だ。

 そんな中居と木村の絆を匂わせる出来事が、今年3月にあった。

中居正広の発言に木村拓哉がSNSで返答?

 先月27日に最終回を迎えた中居正広の冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)。最終回での中居正広の“意味深な発言”が「SMAPメンバーとの再会を望んでいるのでは」と話題になった。

<再会を切に思うこともあります。何やってるのかなぁ、どうしてるのかな。長い長い付き合いをした仲間っていると思う>

<このメンバーだけじゃなく、僕には切に思う再会っていうね、僕にとっては、あるんです>

<僕はこの再会を切に願うために、僕の口から言うのもすごくアレですけど、そんな乾杯でもいいですか?>

<たぶん、見てると思うんですよね>
 
 これだけも十分騒ぎになったが、さらに、番組放送終了とほぼ同時刻、木村拓哉は自身の「Weibo」に<Yes!!!! I was so sweat>と投稿。「自分は見ていたよ!」という中居への返答ととることもでき、ファンは二人の交流に安堵したようだ。

 25年もの間、ツートップとしてSMAPを引っ張ってきた中居正広と木村拓哉。本当の関係は二人にしかわからないが、今更「不仲」も何もないのではないだろか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング