長瀬智也は木村拓哉を“アニキ”呼び? 接待にしか見えなかった共演

wezzy / 2019年5月30日 6時35分

写真

 25周年を迎えたTOKIOの不協和音が取り沙汰されている。「週刊文春」2019年5月30日号(文藝春秋)はすでにTOKIOが“空中分解状態”であると伝えた。それによれば、長瀬智也は音楽活動ができない現状に痺れを切らし、ジャニーズ事務所に「もうTOKIOをやってられない」と直訴したのだという。



 後を追うように今月26日、「FRIDAY DIGITAL」は、「不満を抱える長瀬を支え、相談にのっているのは木村拓哉かもしれない」と報じている。長瀬智也と木村拓哉の“接点”にピンとくるファンはそう多くはなさそうだが……。

 しかし記事によると、ふたりはプライベートでも仲がよく、民放キー局幹部との食事会に、木村が長瀬を連れてきたことがあるという。また昨年、木村と妻・工藤静香が出席したパーティーで長瀬の姿も目撃されており、彼は木村のことを“アニキ”と呼ぶほど慕っていると、テレビ関係者は証言している。

 木村は昨年の春に大型二輪免許を取得しバイクを購入したが、それもバイクマニアの長瀬とツーリングをするためだったというから、相当親しい間柄に見える。

 だが、長瀬が木村を“アニキ”と慕うような仲だと言われてもにわかに信じがたい。なぜなら、TOKIOとSMAPは長年“共演NG”とされてきたからだ。

『鉄腕!DASH!』での共演も、まるで接待

 SMAPを育て上げた飯島三智氏と、TOKIOをデビュー当時からプロデュースしている藤島ジュリー景子氏は、ジャニーズ事務所内で対立関係にあった。派閥争いのため、TOKIOとSMAPの共演は長い間NGで、ジュリー派である嵐もSMAPとの共演はほぼなかった。

 しかし飯島氏がジャニーズ事務所から去ったことにより、SMAPも解散。派閥は崩壊したとみられ、嵐・二宮和也と木村拓哉が映画『検察側の罪人』で共演したり、長瀬智也が木村拓哉のラジオにゲスト出演したりと、木村は事務所の後輩との絡みが増えている。長瀬と木村の積極的な交流もSMAPが解散した2016年以降のことだろう。

 ただ、今年1月、木村はTOKIOの冠番組『鉄腕!DASH!』(日本テレビ系)にゲスト出演したが、そこでも長瀬と木村は“気の置けない仲”のようには見えなかった。

 この日の放送はまる1時間、木村と長瀬、国分太一の3人が廃棄食材を調達して美味しい食事を作る「0円食堂」のコーナーであったが、木村のやる事なす事をふたりが過剰に褒めちぎり、まるで接待のようだと視聴者の間でももっぱら。

 『鉄腕!DASH!』ではお馴染みの、テロップでの出演者へのツッコミもなく、番組全体で木村を「よいしょ」するような構成だったが、長瀬と木村がプライベートでも頻繁に会うような仲であれば、番組はもう少し和やかな雰囲気になったかもしれない。

 ともあれ長瀬が木村に進退を相談しているとすれば、ジャニーズ離脱はなさそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング