コロチキ・ナダルの“闇営業”も「ヤバイ」 暴力団風社長にも引かず激震

wezzy / 2019年6月8日 13時45分

写真

 6日、吉本興業は所属するカラテカの入江慎也が反社会勢力の忘年会で“闇営業”をしたとして、契約を解消したと発表した。7日発売の「フライデー」(講談社)は、2014年12月に開かれた反社会勢力の忘年会に雨上がり決死隊の宮追博之ら複数の芸人が参加しており、入江がその仲介役をしていたことを伝えている。

 “闇営業”とは、所属事務所を通さずにイベントなどに出演しギャラを得ること。事務所の取り分がないため、芸人の報酬は多くなると言われる。「フライデー」によるとこの忘年会では芸人ひとりにつき100万円のギャラが支払われていたという。詐欺グループの資金源は犯罪行為によって得られたものであり、そこから金銭を授受することはあってはならない。

 同誌記者に対して宮追は、「振り込め詐欺グループの忘年会とは知らなかった」「カネはもらっていない」と釈明している。また入江もTwitterに謝罪文を投稿し、「エステティックサロンの経営や健康食品の販売をしている会社だと聞いていた」と、振り込め詐欺グループの宴会であることは知らなかったと主張した。

 しかし吉本芸人は“闇営業”について、半ば笑いのネタにしてきた節もある。タイムリーなことに、5日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、吉本所属のお笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルが、自身の“闇営業”を暴露していた。

 同番組では、<「俺に何か言わなきゃいけないことないか?」とカマかけられたらベタに余計なこと喋っちゃう>説の検証が行われ、ナダルがターゲットに。先輩芸人のFUJIWARA・藤本敏史から「俺に言わなアカンことあるやろ」と問い詰められたナダルは、酒が入っていたこともあって「えっ……闇営業ですか?」とポロリ。

 さらにナダルは、「いや、闇営業は、ホンマに食ってかなアカンから。よう行ってるっていうか、そんな行ってないですけど、今度のゴールデンウィークに『ゴールデンウィーク闇』あります」と自白したのだった。

 ナダルの意外な告白に、仕掛け人の藤本は動揺を隠せず、「別にお前食うていけるやろ」「闇とかすなって、お前はもうテレビとか出てんねんから」と強い口調で叱責。ナダルは「はい、すいません」と謝ったが、この後にも放送不可能レベルの“何か”を白状したようだ。スタジオは騒然となり、放送時のセリフは伏字となっていた。ベタに余計なことを喋るどころではない。

 入江解雇を受け、ネット上では「ナダルもアウトじゃん」「入江の次はナダルか……」と、心配の声が上がっている。



 実はナダルは、昨年10月放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、自ら “闇営業”を持ちかけていたこともあった。「ナダルはコンプライアンスを守るのか」を試すドッキリで、偽CMの打ち合わせとして男性社長を紹介されたナダル。男性社長から結婚式での営業について持ちかけられると、ナダルは「(事務所を通さず)直でやりたい」と、“闇営業”を提案した。

 しかもその後、この男性社長がいかにも暴力団関係者ふうの男たちを恫喝する場面に遭遇するも、ナダルは引かない。実際にはドッキリであり未遂に終わっているとはいえ、芸人の黒いつながりの実態が垣間見え、視聴者からは「ナダルがヤバイ」「ドン引き」と悲鳴が上がっていた。クズキャラ売りのナダルだが、そのキャラが“ネタ”でなければ確かに危険かもしれない。

 吉本興業からすれば、「フライデー」の一件は、元締めをしていた入江の契約解除によって手打ちにしたいというのが本音だろうが、それも氷山の一角なのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング