キンプリコンサートでファン暴走か、盗撮や盗聴報告相次ぐ

wezzy / 2019年7月23日 18時15分

写真

 King & Prince(以下、キンプリ)のコンサートツアーが今月19日の横浜アリーナを皮切りにスタートしたが、コンサート中のファンの“暴走”がTwitter上では多数報告されている。

 今回のキンプリのツアーは神奈川、愛知、大阪、福岡、北海道、宮城、新潟の7都市を巡るもので10月後半まで続く。チケットの倍率は非常に高かったようで、Twitterでは「キンプリ全滅」がトレンド入り。チケット転売サイトでは通常6900円のものが、1枚5~10万円にまで吊り上がり問題となった。

コンサートの盗撮・盗聴、水鉄砲をメンバーに発射するファン

 横浜アリーナでのコンサートを観覧した人々によると、コンサート中の盗撮、盗聴をしている人がおり、スタッフに連行される姿をみたファンもいるようだ。また、コンサートではメンバーが観客に向かって水鉄砲をかけるという演出があったが、水鉄砲を持参しているファンがおり、平野紫耀と神宮寺勇太に対して発射する迷惑行為もあったそうだ。報告者によると、平野と神宮寺は非常に驚いた顔をしていたという。その他、ファンが永瀬廉の腕を引っ張っていたなどといった情報もあり、ファンによる“迷惑行為”が多発していたようだ。

 昨年あたりから、ジャニーズファンによる迷惑行為が激化している。キンプリとHey! Say! JUMPに関しては、メンバーの乗車した新幹線にファンが押しかけ、新幹線が遅延する事態に発展。ジャニーズ事務所もファンクラブ会員に向けて注意喚起のメールを配信したり、メンバー自身がブログで苦言を呈したりするなどの対策を講じたが、結局、Hey! Say! JUMPは今年の全国ツアーの見送りを決定。キンプリは開催を発表したものの、ホームページには以下の注意を掲載した。

<マナーの改善が見られないまま2ndツアーを実施すべきか否かを協議し、King & Princeにつきましては昨年が初めてのツアーでありましたことから一定の対策を講じることで今年の全国ツアー開催を決定いたしました>

<改めまして、皆様にはジャニーズネットに掲載されている「公共交通機関利用マナーに関するお願い」をお読み頂き、来年以降も全国ツアーが継続出来ますように、ご協力をお願い致します>



 ここ3日間は横浜での開催だったため交通機関への影響はなかったようだが、会場内での暴走をみると、地方公演では交通機関でのマナー違反が発生するのではと心配でならない。もし、またしても新幹線を遅延させるような事態が発生した場合、キンプリにおいても来年度のコンサートが中止になる可能性は十分にあるだろう。

コンサートでは岩橋玄樹の存在をアピールする演出も

 一方、コンサート内では、パニック障害のため芸能活動を休止している岩橋玄樹の存在を強調する演出があり、ファンの涙を誘った。

 終盤の「King & Prince, Queen & Princes」では、岩橋の立ち位置が彼のメンバーカラーである「濃いピンク」のライトで照らされ、平野紫耀は観客に向かって「玄樹のパートはみんなが歌ってください」と呼びかける。永瀬廉も「まだパズルのピースはひとつ欠けた状態」「今、僕たちがライブを守って、いつでも玄樹が帰ってこられる環境を整えつつ、6人揃った時のパワーを改めてみなさんに感じていただけるように今回のツアーを全力で大成功させます!」と、岩橋を気に掛けるコメントを残した。

 ファンの暴走が目立つ幕開けになってしまった全国ツアーだが、マナー違反をしているのはあくまでも一部だろう。Twitterではファン同士で注意を呼び掛けており、これ以上の問題が発生しないことを願っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング