浜崎あゆみが完全復活!?「持ち直した」と称賛、ライブツアーも連続開催

wezzy / 2019年7月27日 6時35分

写真

 現在、全国ツアー「ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2019-2020 A -misunderstood-」の真っ最中である浜崎あゆみが、24日放送の『2019 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)でサマーソングメドレーを披露した。

紛れもなく平成を代表する歌姫のひとりであり、00年代は若い女性たちのカリスマ的存在だった浜崎あゆみだが、近年は“凋落”や“劣化”と揶揄されることが多くなった。Instagramに投稿する写真は「加工しすぎ」だと嘲笑され、音楽番組に出演すればパフォーマンスやルックスの変化を酷評されるといった具合だ。

『FNSうたの夏まつり』では「持ち直した」の声

 浜崎あゆみにとって昨年はデビュー20周年のアニバーサリーであり、『2018 FNSうたの夏まつり』や『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)に登場。しかし、全盛期との“落差”に衝撃を受ける視聴者は多かった。

 彼女の特徴でもあった高音ボイスはかすれ、身体つきも変化。『2018 FNSうたの夏まつり』に至っては、生放送にもかかわらず、浜崎はVTR出演で顔のアップもほぼなかったため、「音程ズレ」や「加工ナシのカメラ映り」を気にしてのことだったのではないかとの憶測まで飛び交った。

 しかし、今年の『2019 FNSうたの夏まつり』の浜崎あゆみのパフォーマンスには、「持ち直した」と褒める感想がTwitterに多くあがっている。今回もVTRでの出演であり、やはり全盛期と比較すると歌声はハスキーだが昨年よりも声量はあり違和感がそれほどなかった。そもそも、デビューから20年の年月が経過しているのだから、声質や身体つきに変化が生じるのは当たり前だが。



 今年で40歳になる浜崎あゆみだが、ライブ活動は精力的だ。現在のツアーは来月に終了するが、12月31日には国立代々木競技場第一体育館でカウントダウンライブ「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2019ー2020 A (仮)」が予定されている。来年2月から5月にかけては、追加公演といえる全国ツアー「ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2020A (仮)」を開催すると発表されたばかり。浜崎あゆみのInstagramには、今日もライブに励む写真が投稿されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング