荻野由佳NGT48暴行をネタにして炎上「どうなったのかな、あの件は」

wezzy / 2019年9月19日 17時31分

写真

 NGT48の暴行事件に関連して、また荻野由佳が炎上している。大手芸能プロダクション・ホリプロに所属しており、単独でバラエティ番組に出演する機会も多い彼女だが、NGT48の暴行事件を“ネタ”にしたとして、視聴者の非難を浴びている。

 問題になっているのは、今月16日放送の『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)での一幕。荻野は足の裏を見て健康状態をチェックするという企画に参加した。VTR内でスタッフから「ストレスはありますか?」と質問された荻野は、「ストレスは……そうですね(小声)。ストレスはありますね」と意味深な回答。

 スタジオに戻ると、荻野に向かってMCのアンジャッシュ・渡部建が「どうですか? 荻野ちゃん。近況とか」と質問。さらにFUJIWARAの藤本敏史も「どうなったのかな、あの件は」と暴行事件を示唆し、スタジオは笑いに包まれる。

 これに対し荻野は、戸惑った様子を見せながら、「一生懸命頑張るしかない。頑張ります!」と笑顔で答えた。

番組では最初から暴行事件を“ネタ”にした演出

 『名医のTHE太鼓判!』でのやり取りは、明らかにNGT48暴行事件のことを指している。荻野由佳はもともと、山口真帆と敵対するメンバーのグループと親しいことからネット上では叩かれてきたこともあり、「全然反省していない」と彼女へのバッシングが再燃している。

 しかし今回の放送は、荻野が自ら事件を笑いのネタにしたわけではない。番組MCやひな壇芸人に「あの件はどうなった?」と振られ、本音はどうあれ荻野は笑顔で「頑張るしかない」と言うしかなかった。

 番組では、「ストレスを抱えた話題の有名人が大集結!」と謳っているうえ、荻野を紹介する際には、「休止状態から活動復帰を果たしたNGT48」「何かと話題のアイドルの足裏をチェック」といったナレーションが。警察も動いた暴行事件だが、業界内でもあの事件は軽視されているのだろうか。

 NGT48暴行事件は、アイドルグループNGT48のメンバーたちが住む寮に、ファンの男が出入りしていたことが背景にある。これは第三者委員会の調査報告書でもはっきり認められている点だ。犯人の男たちも「前からここで他のメンバーたちと会っていた。密会のために部屋を借りていた」ということを証言している。

 そのうえで、山口真帆は帰宅時、唐突にファンの男らに顔を押さえつけられ、自宅に侵入されそうになった。背景も含め、この事件には「笑い」に変えられる要素が1mmもないはずだ。

 再スタートを切ったNGT48。暴行事件を“ネタ”にするのは、完全に逆効果だろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング