ムロツヨシ悲願だった新垣結衣との夫婦役実現!「作り物の世界でいいから夫婦になりたい」

wezzy / 2020年6月23日 17時30分

写真

 新垣結衣が8月スタートの連続ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)に出演することが発表された。『親バカ青春白書』は主演のムロツヨシ演じるシングルファザー・小比賀太郎と永野芽郁演じる娘・さくらの繰り広げるホームコメディ。新垣は賀太郎の亡くなった妻役だという。

 新垣が連続ドラマに出演するのは2018年の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)以来約2年ぶり。今回、新垣がドラマ出演を快諾した背景には、彼女と親交の深いムロツヨシの後押しがあったと「女性自身」(光文社)は報じている。

 ムロツヨシと言えば、とにかく交友関係が広いことで有名だ。ムロの誕生日会には、小栗旬、岡田将生、山崎賢人、菅田将暉などそうそうたる顔ぶれが参加するよう。また、ムロは俳優だけでなく女優からも人気であり、新垣結衣もそのひとり。

 新垣結衣とムロは2013年のドラマ『空飛ぶ広報室』(TBS系)などで共演しており、2018年10月の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)でムロが明かしたところによると、ムロは自宅に新垣と黒木華を呼んで鍋をふるまったこともあるそうだ。

ムロツヨシは5年前から新垣結衣との夫婦役を懇願

 新垣結衣とムロツヨシ。プライベートでも仲の良い二人が夫婦役で共演することとなったわけだが、実はムロツヨシは2015年の時点で「新垣結衣と夫婦役をやりたい」と明かしていた。

 2015年の『あさイチ』(NHK)に新垣がゲスト出演した際、友人からのメッセージとしてムロのVTRが流れた。「新垣結衣とどんな役で共演したい?」という質問にムロは、<世間が許せば新垣結衣とムロツヨシの夫婦、そんなものをコメディで一緒にやれたらいい><作り物の世界でいいから新垣結衣と夫婦になりたい>と回答。VTRを見て、新垣も<(ムロとの夫婦役は)楽しそう>とつぶやいていた。

 ちなみに、ネット上ではムロと新垣がプライベートでも恋愛関係に発展することを危惧する声もあるが、同VTRの中でムロは、<僕が(新垣に)近づこうとすると、同じくらい距離を保たれる>とも話していた。鉄壁のガードがあるようだ。

 ムロツヨシ念願の、新垣結衣との夫婦役。息の合った二人がどのような演技をみせてくれるのか楽しみだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング