JO1がキンプリのライバルになる日 ジャニーズvs吉本興業、本気の戦いが始まった

wezzy / 2020年9月8日 7時0分

写真

 JO1の勢いが止まらない。8月26日に発売した2枚目のシングル「STARGAZER(OH-EH-OH)」は約28万枚を売り上げてオリコン週間シングルランキング(2020年9月7日付)で1位を獲得した。

 セカンドシングルのリリースに際して、JO1は大々的にメディアでプロモーションを展開。「an・an」2020年9月2日号(マガジンハウス)、「ViVi」10月号(講談社)、「NYLON JAPAN」10月号(カエルム)、「Numero TOKYO」10月号増刊(扶桑社)、「bis」10月号増刊(光文社)など、多くのファッション誌で表紙を飾っている。

 テレビ露出も引っ切りなしだ。『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系/8月2日)、『あさイチ』(NHK/8月7日)、『水曜日のダウンタウン』(TBS系/8月12日)、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系/8月13日)、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系/8月19日)、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系/8月20日)、『プレバト!!』(TBS系/8月27日)、『ドッキリGP』(フジテレビ系/8月29日)など、この夏はJO1の姿を見ない日がないほど出演が連続している。

 今年3月のメジャーデビューから半年ほどしか経っていないのにも関わらず、ここまでのメディアジャックが可能な要因の一つに、「彼らが吉本興業系の事務所に所属している」という紛れもない事実がある。

 そして吉本興業はいわゆる“強い”芸能事務所だ。昨年7月に闇営業の釈明会見を開いたロンドンブーツ1号2号の田村亮が、吉本幹部に「在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから」とテレビ報道への圧力を示され慄いたと明かしたことからも、それはよくわかる。

 ともかくJO1が今までにない日本の男性アイドルグループであることは確かだ。

 JO1は韓国の人気オーディション番組の日本版『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!、TBS)出身の11人組男性アイドルグループ。吉本興業と韓国のエンターテインメント企業CJ ENMによる合弁会社・LAPONEエンタテインメントに所属している。

 テレビ出演では、ダウンタウン、博多華丸・大吉、ブラックマヨネーズ、東野幸治など、吉本興業のお笑い芸人がMCを務める番組が多いが、それは事務所によるテレビ局へのプッシュが奏功しているということの証左だろう。



 しかしその一方、JAM(JO1ファンのこと)は「ジャニーズ事務所の圧力でJO1のテレビ出演がつぶされている」と叫んでいる。

 確かにJO1はバラエティ番組への出演が多いわりに音楽番組への出演は少ない。楽曲リリースに合わせて出演するアーティストの多い『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)や『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)にも出ておらず、『音楽の日』(TBS系/7月18日)や『2020 FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系/8月26日)といった長時間の音楽特番へのラインナップもない。

 ただ、こういった音楽番組はジャニーズのアイドルでも必ず呼ばれるとは限らない。たとえば、9月12日放送予定の『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)は嵐の櫻井翔が総合司会を務める番組だが、現時点(9月4日現在)でもジャニーズ事務所がプッシュしているSnow ManとSixTONESの出演予定はアナウンスがなく、それはそれでジャニーズファンの論争を呼んでいる。

 また、JO1もまったく音楽番組に出ていないわけではない。『Love music』(フジテレビ系)、『HEY!HEY!NEO』(フジテレビ系)、『バズリズム02』(日本テレビ系)といった深夜番組ならすでに出演できている。特に、8月28日深夜放送『バズリズム02』はメインのゲスト扱いで、司会を務めるバカリズムとのトークも長時間放送されていた。

 しかしジャニーズとJO1の共演はNGなのかもしれない。8月19日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、スタジオゲストとして出演していたKis-My-Ft2の北山宏光が、突然「北山さんも今日はここまでのご出演となります」というアナウンスを受けて退場。そしてJO1の川西拓実が登場するという、不自然な“すれ違い”があった。

 事前の打ち合わせが不足していたのか、北村本人も共演のオードリー春日俊彰らも驚いた表情をしており、視聴者の間では「やはり共演NG なのか」と話題になった。

 ジャニーズ事務所もSMAP解散、ジャニー喜多川氏の逝去、錦戸亮や長瀬智也の退所、そして嵐の活動休止など激しく動いている。新世代のスターとしてKing&Princeが台頭し、今年デビューしたSixTONESやSnow Manも人気を急拡大中だが、体制を整えるのに必死な様子がうかがえる。JO1はある意味、彼らの公式ライバルと言える存在だろう。

 だが日本と韓国のエンタメの良いところをかけ合わせたまったく新しいかたちの男性アイドルグループであるJO1は、似た経緯で生まれたNiziUと同じく、閉塞感漂う日本の音楽シーンを大きく変える存在になりえるとして、多くの人が期待を寄せている。

 JO1やNiziUのような存在がいることで、ジャニーズや坂道シリーズなど既存のグループも刺激を受け、新しい活動を模索することになるはずだ。両者が事務所の勢力争いに利用されて潰し合うことを、どちらのファンも望んでなどいないだろう。互いに切磋琢磨することでJ-POPのシーンがより充実したものになることを切に願う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング