北山宏光はNEWS、増田貴久はキスマイでデビューする予定だった!? 運命のデビュー秘話

wezzy / 2020年9月21日 13時0分

写真

 Kis-My-Ft2(以下、キスマイ)の北山宏光が先日、「もともとNEWSとしてデビューする予定だった」と明かし話題になった。

 北山宏光と、同じくキスマイの宮田俊哉は、9月16日放送のバラエティ番組『バナナサンド』(TBS系)にゲスト出演。Kis-My-Ft2というグループ名はメンバーの頭文字を組み合わせたものということから、番組ではデビュー秘話の話になった。

 すると北山は、最初にメンバーを決める際、Kの下には自分、Fの下には藤ヶ谷太輔といった名前が書かれていたが、Mにだけ現在はNEWSとして活動する増田貴久の名前が書かれていたと暴露。そして、その下に小さく<宮田?>と書かれていたそうだ。

 その後、増田がNEWSとして先にデビューしたことで、宮田はキスマイのメンバーに。宮田は<(NEWSに増田が)行ってくれたおかげで、僕が滑り込んだわけですよ><増田くんあざーす!>と感謝の言葉を述べていた。

 また、ジャニーズグループの相関図を紹介するコーナーになると北山は、<僕も最初NEWSに入ってたんですよね>と明かした。これは宮田も初耳だったようだ。

 北山によると、最初はNEWSとしてデビューする予定で音源をもらいレコーディングにも参加したというが、最終的に省かれたそうだ。ちなみに、「他のグループに入れるとしたらどこがいい?」と問われると北山は<僕はキンプリです>と即答していた。

 紆余曲折あり、増田はNEWSとして、北山と宮田はキスマイとしてデビューしたわけだが、ジャニーズ事務所にとってデビューする前のメンバーの変更は珍しくないようだ。

大倉忠義は関ジャニ∞のバックダンサーだった!?

 関ジャニ∞もそのひとつ。現在のメンバーは横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義の5人だが、実は関ジャニ∞の元となるグループができた当時、大倉はメンバーではなかった。2018年放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で大倉が明かしたところによると、大倉はジャニーズJr.時代、関ジャニ∞メンバーのバックダンサーをしていたという。

 しかし、当時ドラムを担当していたメンバーが辞めたことで、安田が大倉をジャニー喜多川氏に推薦。大倉が加入し、正式に「関ジャニ∞」というグループ名になったそうだ。



 また、デビューするにあたりメンバーを減らされそうになったものの、ジャニー氏への直談判により全員でデビューに漕ぎ着けたのは、ジャニーズWESTだ。

 2014年のアイドル雑誌「Myojo」(集英社)でメンバーは次のように語っている。

 始まりは2013年、中間淳太、桐山照史、濱田崇裕の3人はジャニー喜多川氏に「デビューしたい」と相談しに行ったという。要望が聞き入れられ、現在のメンバーである中間、桐山、濱田、重岡大毅、神山智洋、藤井流星、小瀧望の7人でデビューすると事務所から告げられたそうだ。

 しかし、「ジャニーズカウントダウン 2013-2014」への出演のため集められたのは、重岡、桐山、中間、小瀧の4人だけで、突如として「ジャニーズカウントダウン」の中で、4人でのデビューを発表することに。なお、他のメンバーは何も知らされていなかったという。

 ただ、4人でのデビューに納得いかなかったメンバーは後日、「7人でデビューしたい」とジャニー氏に直談判。ジャニー氏も<YOUたちが、本当にいいと思ってやっているんだったらそれは間違いない>と承諾し、晴れて7人でデビューを果たした。

 その他、今は解散してしまったSMAPもJr.時代はメンバーが固定されていなかったそうで、TOKIOの国分太一やV6の坂本昌行もSMAPメンバーとしてステージに立っていたようだ。

 現在デビューしているジャニーズグループも、ジャニー喜多川氏の匙加減によってはまったく違うメンバーになっていたのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング