宮迫博之、テレ朝へはもう入れず? 『アメトーーク!』復帰は絶望的か

wezzy / 2020年10月10日 7時0分

写真



 宮迫博之が「もう一度ここに戻ってくるんだ」と、改めて“テレビ復帰”への誓いを語ったが、なかなか難しそうだ。

 宮迫博之のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」10月3日更新回は、親交の深いYouTuberのヒカルが運転する車に同乗し、都内のテレビ局をまわる内容だった。宮迫は<テレビ局をまわってみたいんですよ。思い出巡りと言いますか。テレビ局を目に焼き付けながらまわってみたい>と動画の趣旨を説明する。

 ヒカルは即座に<悲しいっすね、なんか。やってることメチャ悲しいすね。それ引退した人がやるやつですよ>とツッコむが、宮迫にとってこれは後ろ向きなものではなく、<もう一度ここに戻ってくるんだ>という決意を新たにするための企画だという。

 というのも、宮迫は車で都内を移動する際、かつては毎日通っていたテレビ局の前を通ることがあるが、いつも見て見ぬ振りをしてしまうのだという。だから、動画の企画というかたちでもう一度テレビ局を直視し、復帰への思いを確かなものにしようというのだ。

 車は雨上がり決死隊が大切にしてきたレギュラー番組『アメトーーク!』を放送するテレビ朝日に向かう。道中、ヒカルから<テレビ局に仕事行くって、かっこいいですね、やっぱ><憧れますけどね、それは>と言われると、宮迫は<毎日それをしてたからな。若手の頃から考えたら、当たり前になってたことがおかしいんよね>と、かつての日々を感慨深げに振り返る。

 六本木のテレビ朝日に到着すると宮迫は<毎週ここ来てたんで>とポツリ。ヒカルがからかうように<名残惜しいっすか?>と尋ねると、宮迫は<名残惜しいっていうか、戻ろうとしてん。名残惜しい言うたら二度と戻らへん感じやからやめてほしい>と話した。

 だが、宮迫の置かれている状況は“テレビ復帰”に向かって進んでいるとは言い難いようだ。



 宮迫博之は2019年に発覚した闇営業騒動の影響でテレビ局での仕事をすべて失った。2020年1月よりYouTuberとしての活動をスタート。始めの頃こそバッシングを受けたものの、いまとなっては芸人YouTuberとしてチャンネル登録者数100万人を超える人気ぶりだ。

 しかしYouTuberになってしまったことで、宮迫はかえってテレビから遠ざかったと言えるのかもしれない。

 同じく闇営業騒動の当事者だった田村亮は、ロンドンブーツ1号・2号の相方である田村淳が代表取締役を務める「株式会社LONDONBOOTS」所属として吉本興業とエージェント契約を結び、いまは地上波テレビへの復帰を果たしている。

 そうした根回しをせずYouTuberとして活動を続ける宮迫を、吉本興業はまだ許していない。

 吉本所属のお笑いコンビ・鬼越トマホークの金ちゃんと坂井良多は、「吉本に所属している以上、M迫チャンネルにだけは出るな、という雰囲気になっている」「出たらペナルティがあるんじゃないか」と証言している。

 実際、ナインティナインの岡村隆史や、キングコングの梶原雄太は、宮迫からの共演オファーを断ったと明かしている。極楽とんぼの加藤浩次は宮迫のYouTubeチャンネルに出演したことがあるが、加藤は吉本興業との契約を「専属エージェント契約」に切り替えた立場だ。

 吉本興業との関係性を精算しない限り、吉本と関係の深いテレビ局が宮迫に出演依頼を送ることはあり得ず、テレビ復帰は難しいだろう。

 前述YouTube動画でヒカルから<どうなんすかね、テレビ復帰。目処立ってるんすか?>と直球の質問をぶつけられた宮迫は、<目処はね、立ってないね>と答えている。

 10月1日放送『アメトーーク!』では、人気企画「中学の時イケてない芸人」 の傑作選が放送されたが、宮迫の出演部分にはキレイにハサミが入れられていた。現在の宮迫は、たとえアーカイブの素材であっても放送不可能な立ち位置のようだ。

 芸能人の活躍の場はテレビだけではない。インターネット上に活躍の場はいくらでも用意されており、すでにYouTube上で新たなファンを獲得しつつある宮迫が敢えてテレビの戻る必要はないようにも思えるが──もう一度、蛍原徹とともに『アメトーーク!』をやりたいのなら、吉本興行との関係を再構築する以外に道はなさそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング