デヴィ夫人を田村淳が「デマ夫人」と批判 過去にも「広瀬すずは抹殺していい」など失言は多数

wezzy / 2020年10月29日 16時30分

写真

  デヴィ夫人が24日に生放送された関西ローカル番組『胸いっぱいサミット!』(カンテレ)で「不妊の原因は9割9分堕胎」と断言したことで批判を集めている。

 炎上を受けてデヴィ夫人は27日、ツイッターでコメント。精子老化といった男性側の原因にも言及しているものの、「不妊の原因は堕胎が多い」という持論を曲げていない。

<少子化対策に向け、菅首相の不妊治療助成制度の拡充は素晴らしいと思う。しかし、私の知る限り不妊の多くは堕胎の経験者。卵子と精子が受精し、自然に子宮着床したものを掻爬したり手動真空吸引法により人工中絶させた結果、不幸にも不妊症になる方もあり、幸運にもその後妊娠する方もあります>

<結婚後、昔お付き合いしていた人の子を医者や夫に中絶したと正直に言える女性は皆無でしょう。結果、医者は原因不明の不妊症に悩むことになる。人間の身体は例外として、生殖機能に恵まれない方もあるかもしれない。しかし、産めよ増やせよの時代には7、8人のお子さんをもった家族はいくらでもあった。石女は離婚されたが、それはごく稀であった。最近の日本男児は精子の数も少なく、勢いもなく受精に至らない精子老化も一因かもしれない>

<厚生省はピルの副作用の安全性が無であることが立証されていないため中絶を公認してきた。中国の脅威、規制なき外国人勢力による土地買収の加速化、日本の領土を手放し、人口減少が進む日本の将来を考えるとそら恐ろしい。菅首相の不妊治療の保険適用が人口減少社会に歯止めをかけられるか期待したい>

 なお、<しかし、産めよ増やせよの時代には7、8人のお子さんをもった家族はいくらでもあった。石女は離婚されたが、それはごく稀であった>という部分は28日現在削除されており、<生まれつき子供に恵まれない方もあるかもしれないし>と書き換えられている。不妊女性を指す“石女(うまずめ)”という差別的な表現を使ったのはさすがにまずいと感じたのだろうか。

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳は28日にTwitterを更新しデヴィ夫人を批判。

<どれだけ不妊で苦しんでる人がいるか理解してるのか?自分の知り合いだけのデータで、世の中の全てを語るなんて無理があるだろ…デマ夫人>

 これまでの経緯を考えれば、デヴィ夫人が淳の発言に激昂し反撃する可能性もあり、騒動が広がりそうだ。

広瀬すずに「こんな子は抹殺しちゃっていい」

 デヴィ夫人は奇跡の80歳としてバラエティ番組で大人気だが、これまでも過激な言動を繰り返してきた。2014年1月9日、デヴィ夫人は番組収録に参加していた一般女性に挑発されたとして、女性の顔を3回平手打ちして収録を途中退席。平手打ちされた女性は被害届を提出し、警視庁成城署が受理して暴行の疑いで捜査していた。

 その番組収録に参加していた女医でタレントの西川史子は、後日別番組で平手打ちしたデヴィ夫人の様子について明かしていたが、それがデヴィ夫人の逆鱗に触れたようだ。

 デヴィ夫人はブログで<私が 平手打ちしなければならなかったのは西川史子だったのかもしれませんね><男にも女にも愛してもらえない 可哀相な ギスギスと小憎らしいことしか言えない この亀顔の女の顔を平手打ちした方が 良かったかもしれませんね、今 思えば…>と西川への憎しみをつづっていた。

 また、2016年12月に前述の『胸いっぱいサミット!』に出演したデヴィ夫人は、女優の広瀬すずがテレビ番組の照明や音声のスタッフについて<どうして照明になろうと思ったんだろう><なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?>と発言して職業蔑視だとして炎上したエピソードについて言及。

 デヴィ夫人は<こんな小憎らしいこと言う人、あなたたちかわいいですか?><しかも18歳よ。こんな子は抹殺しちゃっていいと思います>とコメントし、ネットで波紋を呼んでいた。

性犯罪加害者を擁護するデヴィ夫人

 また、デヴィ夫人は強制わいせつ事件や強姦事件が起こる度、加害者側の男性ではなく被害者側の女性を責めることが多い。2011年、柔道金メダリストの内柴正人が女子柔道部員への準強姦の疑いで逮捕された際には、ブログで内柴の味方をするとつづり、被害女性を批判。

<彼女は翌日内柴選手に何ごともなかったように振舞われたことがあって裏切られたと思っての復讐をしたと思うのは想像がたくまし過ぎるでしょうか?>
<この女性とその家族はやり過ぎです。それならば、女性も名前と顔を公表するべきです>

 デヴィ夫人は被害女性が内柴に好意を持っていた可能性を強調し、<50年も前のことになりますが、中学校の教員が女生徒と結婚する例はいくつかありました>と指導者と教え子の恋愛トラブルに過ぎないという見方を示していた。

 元TOKIOの山口達也が2018年に女子高生への強制わいせつの疑いで書類送検された際には、ツイッターで山口のアルコール依存症を疑いつつ、<許されない行為と言っているけれど、泥酔男性のたかがKissでしょ。しかもそこにもう一人の女性がいた。“ちょっと失礼” と言ってうがいして帰ってくればよかったのでは>とさも被害女性が気にしすぎているだけだと言いたげであった。

 さらに、俳優の新井浩文が2019年、マッサージ店から派遣された女性に性的暴行を加えていたとして逮捕された件について、金銭解決できないことに疑問を感じているようであった。。

<なぜ相手の女性とお話をして被害届を取り下げてもらわなかったのか。どうして逮捕までいってしまったのかわからない>
<(出演作品の封印、損害賠償などで)たくさんの方に迷惑をかけるなら、1,000万でも2,000万円でも(示談金を)差し上げて、円満解決すればよかった>

 被害女性が負った心の傷はお金で解決できるようなものではないのかもしれない……と想像することはないようだ。

 歯に衣着せぬ物言いが面白いとして支持するファンも多くいるデヴィ夫人だが、今回の“不妊の原因は堕胎”発言は過去の発言とは比べ物にならないほど大きく炎上している。そろそろ生放送への出演が制限される可能性も出てくるのではないだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング