伊藤健太郎、二日酔いで現場入りも…トラブル危惧する報道あった

wezzy / 2020年10月30日 11時40分

写真

 俳優・伊藤健太郎が人身事故を起こし、ひき逃げなどの容疑で逮捕された。報道によると、伊藤は10月28日の夕方、東京渋谷区の路上で車を運転していたところ2人乗りのバイクと接触。バイクに乗っていたうちの一人は重傷だという。伊藤の車はいったん現場から立ち去り、その後、現場に戻ったようだ。

 2016年にはお笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介がひき逃げで書類送検(後に不起訴処分)、2018年にはモーニング娘。の元メンバー・吉澤ひとみが酒気帯び運転及びひき逃げで逮捕された。井上は一定期間の活動休止を経て活動再開したが、吉澤は芸能界を引退している。

伊藤健太郎の「モラルに欠ける行動」

 伊藤健太郎については今年9月、仕事現場でモラルに欠ける行動が目立つと「週刊文春」(文藝春秋)が報じていた。

 同誌に関係者が証言していたところによると、伊藤は朝まで酒を飲み顔がパンパンの状態で撮影現場に入る、1日にタバコを2箱も吸うヘビースモーカーで撮影現場でも気にせず吸うなどしていたという。



 芸能界入りした当初の伊藤は「kentaro」名義でモデル活動をしていたが、俳優デビュー作となる2014年のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)の演技が好評で、役者としての活動が増えていった。その陰には伊藤を役者として売り込んだ所属事務所のスタッフ・Aさんの熱心な営業があったそうだが、売れっ子となるにつれて伊藤はAさんのことを「うるさいおばさん」などと邪険に扱うようになっていたようだ。

 伊藤の態度から、その将来を案じる声もあっただろうが、一方で役者としての存在感に期待する業界関係者は多かった。多くの関係者が今回の逮捕でがっくり肩を落としているだろう。いや、肩を落とすどころでは済まない。

 伊藤は現在、コンタクト「アキュビュー(R) オアシス(R)」やマルハニチロなど複数のCMに出演中。10月30日からは映画『とんかつDJアゲ太郎』、11月6日からは主演映画『十二単衣を着た悪魔』の公開が控えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング