ミスチル桜井和寿の息子Kaitoが本格俳優デビュー 「絶対かっこいい!」TAKURO、紗栄子、山口達也の息子にも熱視線

wezzy / 2020年11月25日 6時30分

写真

 Mr.Childrenの桜井和寿の長男で、バンド「インナージャーニー」のドラマーを務めるKaitoが、俳優として朝ドラデビューした。Kaitoは22日に更新したInstagramで、NHK連続テレビ小説『エール』に出演すると投稿。劇中では宮沢氷魚が演じるアキラのバンドのドラマー役で、11月24日の放送に登場する。KaitoはAbemaTVの恋愛リアリティ番組『オオカミくんには騙されない』にも出演し、King & Princeの永瀬廉に似ていると評判に。早くも女子中高生の間で人気になりつつある。 

 木村拓哉と工藤静香の娘・ CocomiとKōki, 、THE YELLOW MONKEY・吉井和哉の息子・吉井添(よしい・てん)、窪塚洋介の息子・窪塚愛流などなど、注目の「二世」が様変わりしている昨今。いわば「二世タレントの黄金期」が到来している状況だが、この先の芸能界入りを期待される「二世」が大勢SNSを中心に話題だ。

 「絶対かっこいい!」と評判になっているのは、モデルの岩堀せりとGLAY・TAKUROの15歳になる息子だ。岩堀は16日、インスタグラムを更新し、<3か月振りに会う息子を見上げて。べったり離れない母>とのコメントとともに息子と腕を組んだり体を寄せあったりしている写真を投稿。息子の顔は写っていないものの、公称身長167センチの岩堀よりも背が高く、長めのブロンドヘアでスタイリッシュな雰囲気だ。ファンからは「雰囲気だけで美男子」「お二人の遺伝子ですからさぞかしイケメンになられてるのだろうなと思うとお顔が見たい」とイケメンぶりに期待する声が寄せられている。

 今夏より栃木県で牧場運営ビジネスに精を出している紗栄子は、インスタグラムで時折12歳の長男や10歳の次男の後ろ姿などの写真を公開している。息子たちはまだローティーンながらも「イケメンオーラがある」と評判だ。長男はすでに紗栄子の身長157センチを抜いているとのことだが、父親のダルビッシュ有が身長196センチのイケメン大リーガーであることから、ネットでは「まだまだ身長伸びそう」「イケメン間違いない」と言われている。



 元TOKIOの山口達也にも12歳の長男と10歳の次男がおり、現在は母親である山口の元妻とハワイで暮らしている。元妻のインスタグラムでは息子たちの近影が度々公開されており、2人ともパパに似て甘い顔立ちのイケメンだ。彼らはダンススクールに通っているようで、レベルの高いダンスを披露する動画もアップされていることから、ジャニーズ事務所入りを期待する声も少なくない。

 難病発症を機に芸能活動を休止し、現在は千葉でコーヒーの焙煎をしている坂口憲二も、最近インスタグラムで息子と思われる写真を公開して話題になった。坂口の息子たちはまだ6歳と4歳で幼いが、堂々たるカメラ目線で、坂口がプロデュースするブランドのパーカーを着こなしている。

 女の子も負けてはいない。タレント・新山千春の14歳の娘・もあちゃんは、新山のYouTubeチャンネルにて母娘ショッピング動画やコーディネート対決動画などに出演し、注目を集めている。はっきりとした顔立ちの大人っぽい美人で、14歳にして身長168センチの新山よりも背が高い。バッグの中身公開動画では、コラーゲン入りのグミや香水、ラメ入りスプレーなどを持ち歩いていることが判明し、美意識の高さがうかがえる。

 一世代前の「二世タレント」は、親の七光感の強さが目立ちマイナスイメージもあったが、最近では趣里や石橋静河、仲野大賀など二世の実力派俳優も続々出ている。そして冒頭紹介したように、さらにその下の世代は、テレビとは別のフィールドで活躍している。もはや「二世タレント」という枠組みで括ることは出来なそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング