二宮和也に「不倫の心配」はゼロ! 木村拓哉の生き様から強い影響

wezzy / 2020年12月27日 13時0分

写真

 昨年11月に一般人女性との結婚を発表した嵐の二宮和也。グループの活動休止前の結婚にはメンバーや事務所も反対していたと言われているが、二宮が強行突破した背景には、やはり木村拓哉の影響があったようだ。

 「週刊文春」12月31日号(文藝春秋)によると、二宮は前々から木村に憧れを持っており、「将来は木村くんのようになりたい」と言っていたこともあったという。なんと二宮の父親も「木村さんから教わったことやいただいた言葉を、彼は重要文化財くらいに思って大事にしています」と証言している。

 二宮が尊敬するのは仕事面だけでなく、木村の“生き方”もだという。木村は人気絶頂期であった2000年に現在の妻・工藤静香と授かり婚。2人の結婚がファンに強い衝撃を与えることは免れず、ジャニーズ事務所は反対していたという。実際に、木村は結婚会見でさえ事務所から工藤の名前を出すことを禁じられていた。

 だが、記者から「お相手は工藤静香さんでいいんですよね?」と問われた木村は「逆に誰がいるんですか?」と堂々と答えた。“結婚会見のキムタク”は伝説級のカッコ良さだったとして、今も語り継がれている。

 二宮が嵐の活動休止前に結婚に踏み切ったのは、こうした木村と工藤の“自分たちの意志を貫く”ことを強く意識してのことだったそうだ。

 木村と二宮の交流は結婚発表前から噂されており、2018年10月には、木村家に二宮がひとりで訪問し、工藤や次女のKōki,から手厚いおもてなしを受け、二宮の結婚願望がより強まったと「女性セブン」(小学館)が報道。また、昨年の5月には、「日刊ゲンダイDIGITAL」が二宮の結婚の仲人を木村が務める予定だとも報じ、話題になった。

 結局、二宮は今もまだ挙式披露宴をあげていないようだが、嵐の活動休止後はひっそりと身内で愛情溢れるパーティーを開くのかもしれない。もちろんそこには木村夫妻の姿があるだろう。

二宮和也も不倫の心配はなし?

 二宮和也が木村拓哉の教えや生き方を尊敬しているのであれば、不倫や離婚といった心配は不要かもしれない。

 木村拓哉と工藤静香は結婚によって多大なバッシングを受けたことから、長年、お互いの存在を表に出さないようにしてきた。しかし、娘2人が芸能界デビューしたこともあり、ここ数年は、お互いの存在を匂わせることもしばしば。今月19日には、木村はきのこ、さつま揚げ、油揚げ、ねぎ、豚肉、餃子などが入った鍋の写真をInstagramにアップ。家族で鍋を囲んだのだろう。

 今年はジャニーズ事務所の“長男”近藤真彦のゲス不倫が話題になったが、結婚後の木村に浮いた話は一切ない。今年6月に姉妹はインスタライブで、「トト(木村は)マミー(工藤)の料理が好きだから(家に)帰ってくる」と両親のラブラブぶりを明かしていた。二宮和也も木村拓哉の生き様に倣い、円満な家庭を築き上げることだろう。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング