Hey! Say! JUMP岡本圭人が取締役に テレビからも抹消で「このままフェードアウト?」とファン悲鳴

wezzy / 2021年1月20日 6時0分

写真

 Hey! Say! JUMPの岡本圭人が父親・岡本健一が代表取締役を務める塗装会社の取締役になっていたと「週刊女性」2021年2月2日号(主婦と生活社)が報じている。この会社は岡本健一の父親が経営していたもので、健一は昨年9月下旬に父に代わって代表取締役に就任したという。

 岡本圭人は2018年9月から演技の勉強をするためにアメリカニューヨークの演劇学校に留学。昨年8月に卒業したが、現在も日本には戻らず現地でオーデションを受けるなどしている。ファン向けの有料ブログでは動画更新を継続中だ。

 「週刊女性」によると、ジャニーズ事務所と岡本圭人は、いつ日本に帰ってくるのか、今後の活動をどうするのかなどについて意思疎通ができていないという。見かねた父が、息子の面倒をみるために入社させたそうだ。

 いまだに岡本圭人が帰国する目途は立っていないようだが、ファンの間では「このまま日本での活動をフェードアウトするつもりなのでは?」「もうジャニーズ退所?」と、不安視する声が次第に強まっている。つい先日、さらにファンの不安を煽る出来事もあった。

 1月12日放送の『この差って何ですか?』(TBS系)に有岡大貴が出演し、グループの過去のエピソードを回想したときのことだ。有岡は、以前、Hey! Say! JUMPはツアーに出る前は必ず新橋駅に集合していたといい、先についたメンバーが牛丼チェーン吉野家で食事をしていると、後からメンバーがぞろぞろと入ってきて、店内がHey! Say! JUMPだらけになってしまったことがあったというエピソードを披露した。

 画面にはエピソードを再現したメンバーの顔写真をはめたイラストも映し出されたが、岡本圭人はそこにはいなかった。不自然な編集に「テレビで岡本圭人の写真はタブーになった?」などといった憶測が噴出し、抗議をするファンも出ていた。

 しかし前述のように、岡本はジャニーズ事務所の有料ブログの更新は今も続けており、現地での暮らしやグループへの愛も明かしている。また、メンバーが岡本ついて言及することもある。

 たとえば冠番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)。11月14日放送回では、メンバーがチームに分かれクイズ対決をすることに。ところが、途中で高木雄也が秘密にしておかなければならない答えを間違えて言ってしまう場面があり、すかさず有岡は「そういうのは圭人がするミスじゃん!」とツッコみ、場を湧かせた。

 吉野家の回想シーンに岡本の存在はなかったものの、ブログの更新を続けたりメンバーの話題にも出ているということは、現段階で脱退や退所など具体的なことが決まっているわけではないのだろう。ただ、せっかく覚悟を決めて留学したからには、まだしばらくニューヨークに滞在するつもりなのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング