関ジャニ∞安田章大がメリー喜多川氏への感謝を明かす。病後の傷跡や後遺症も包み隠さず見せる決意

wezzy / 2021年2月1日 7時0分

写真

 関ジャニ∞安田章大が朝日新聞の連載「患者を生きる」に登場(2021年1月25日〜29日付の5日連続)。2017年に受けた脳腫瘍の一種・髄膜腫の手術と、以降の生活について赤裸々に語った。

 「患者を生きる」は、なんらかの病気と向き合いながら生きる人々に取材した連載企画で、これまで、新型コロナ後遺症、ぜんそく、靭帯損傷、吃音、夜間頻尿、子宮内膜症などさまざまな病気を取り上げてきた。2019年にはSKE48の須田亜香里が自身の金属アレルギーについて語っている。

 この連載で安田が語ったのは、事務所スタッフやメンバーへの感謝と、病気を通じて「伝えるべきものができた」という決意だった。

 病気が分かったのは2017年2月1日。番組収録を終えてエレベーターに乗った際、急に平衡感覚を失い、頭を圧迫感が襲ったという。安田はもともと片頭痛もちで、父親も同じように片頭痛に悩まされていたことから頭痛は遺伝だと諦めていたが、前述の症状はいつもとは違う違和感があったそうだ。そのため、マネージャーに「一度、脳波やMRIなどの検査をきちんと受けておきたい」と伝えたという。これが安田の命を救った。

 検査の結果、野球ボールほどの大きさの腫瘍があった。腫瘍は良性ではあるものの脳出血につながる可能性もあることから、1週間後に手術することになったという。このとき安田は、ジャニー喜多川氏とメリー喜多川氏に初めて自筆で手紙を書き、自分をアイドルとしてデビューに導き、さまざまな仕事をさせてくれたことへの感謝を綴った。

 12時間におよぶ大手術は無事終了したものの、術後は3日間も39℃の熱が続き、舌も腫れて食事が喉を通らない。このとき、メリー氏が「病院食だけでは回復しにくいでしょう。脳の手術で、胃腸は大丈夫なのだから、体力をつけなさい」と手紙を添えて差し入れてくれたすき焼きは美味しく、その心づかいが嬉しかったと振り返っている。

 その他にも、関ジャニ∞のメンバーへ感謝の言葉を述べ、普通通りに接してくれる仲間たちにどれほど救われていたかを明かした安田。「患者を生きる」の最後には「生きづらさを感じている人々の力になりたい」と語っている。昨年からは心理学の勉強をはじめており、将来的には資格をとってメンタルケアの仕事などにも挑戦したいという。



 安田章大は今も、手術の影響で光に過敏な状態になっている。色眼鏡を必ずつけるようになっているが、それは強いライトやフラッシュによって頭痛や吐き気が起きるからだ。2018年4月には立ちくらみを起こして転倒し、背中と腰に3カ月の怪我まで負っている。その影響で同月に開かれた渋谷すばるの脱退会見には出席することができなかった。

 人前に立つ仕事をしている安田にとっては非常に大きいハンデだが、彼は現状を隠さず、積極的にファンに伝えようとしている。

 それは、思うようにならない身体となんとか折り合いをつけながら働く様子を見せることが、「生きづらさを感じている人々の力」になると考えるからだ。病気を通して得た「伝えたいことがある」という使命感は、安田にとって非常に大きな力になっている。

 昨年5月には、ジャニーズ事務所の公式YouTubeチャンネルで頭に残る傷跡をカメラの前に晒したうえ、<今でもそれの後遺症が正直残っているんですよね。日々葛藤しています。全然強くなれない自分がいるし、仕方のないことなんですけど>と発言。同年9月には写真集『LIFE IS』(マガジンハウス)で手術前後の安田の様子や、頭の中にあった腫瘍の写真まで公開した。

 2020年9月23日放送『news zero』(日本テレビ系)に出演した安田は、そこまで弱みを見せる理由をこう語っている。

<『これ以上(自分が)できないパフォーマンスはもうしません』っていう意味も込めているんですよね。やっぱり、芸能界に生きている人たちっていまでも、どこかで無理をしているんじゃないのかと思ってしまう>
<でも、世の中の仕事もだいたいそうですよね。やりたいことだけができる仕事じゃないから。『無理はしてない。そういう姿をちゃんと見せます』。そういうアイドルもいていいんじゃないのかな>

 無理はしてない。そういう姿をちゃんと見せます──そうした姿勢は、安田と同じように病気と向き合いながら暮らしている人はもちろん、仕事、家事、育児、介護など日々の生活に押し潰されそうになりながらなんとか生き抜いているたくさんの「生きづらさを感じている人」に力と癒しを与えるはずだ。かつて、メリー氏からもらった手紙とすき焼きが安田に力を与えたように──。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング