大野智の「一時復帰」、現実味は薄く…嵐5人それぞれの道

wezzy / 2021年2月10日 6時30分

写真

 昨年末で活動を休止した嵐。櫻井翔と相葉雅紀はすぐに新番組をスタートさせ、松本潤はNHK大河ドラマの主演が発表となったが、事前のアナウンス通り大野智は芸能活動を休止している。だが、いまでもジャニーズ事務所や芸能界と関わりは持ち続けているようだ。

 2月9日発売「女性自身」(光文社)によれば、大野はジャニーズ事務氏が月に2回行っているPCR検査に参加しており、今後も検査を続ける意向であるという。事務所との連絡も頻繁に行っているという。

 同誌にもあるが、ジャニーズ事務所所属の俳優・林翔太は、1月18日放送『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)で、自らの主演舞台(戯曲版『キオスク』)を大野智が<よし、じゃあ観に行く。俺、今年、ヒマだから>と約束してくれたエピソードを語っていた。

 林は大野のファンだと公言しており、They武道や宇宙Sixのメンバーとして活動していたグループ時代に10年近く嵐のバックダンサーも務めていた。嵐の活動を通して築いた絆を大野はいまでも大切にしているようだ。

 大野は嵐の活動休止をもってジャニーズ事務所を辞めることが既定路線であると見られていた。すでに「週刊文春」(文藝春秋)や「FRIDAY」(講談社)などが報じたところによると、大野は不動産管理・売買の会社や、芸能活動のマネージメント・アート系イベントの企画を目的とした会社を設立しているという。事実であれば、大野がジャニーズ事務所所属のアイドルとして芸能界に戻ってくる可能性は低いと言わざるを得ない。

 そもそも嵐は、大野が脱退を希望したことで「活動休止」を選択する端緒だった。脱退を希望するに至った背景には、結婚への意識があったとみられる。「週刊文春」2020年11月12日号にて、交際していた10歳年下のシングルマザー女性との写真を掲載された大野。その女性との結婚を見越し、ジャニーズ事務所を退所する意思も見せていたというが、活動休止発表をする直前の2018年末頃に別れてしまったという。

 誌面には、お気に入りの場所だった沖縄のビーチでキスをする写真や、彼女の連れ子と3人で並ぶ写真まで掲載された。それは2015年から2018年にかけて、彼女の家族や親しい友人らと沖縄旅行をしたときに撮影されたものであるという。さらに、嵐の活動をいったん終えた大野は沖縄の離島でペンション経営をして過ごす計画を練っており、1200坪もの土地を購入していたとまで書かれていた。

 真剣な交際だったからこその写真や証言なわけだが、極めてプライベートなそれらの情報が破局後に、おそらくは彼女の周辺から週刊誌に流されてしまった。大野にとって相当な苦痛だっただろうことは想像に難くない。



 2020年大晦日に嵐が活動を休止してから、メンバーはそれぞれの道を進んでいる。

 二宮和也は現在妻が妊娠しており、今年の春ごろに出産予定だとの報道があった。俳優としてのキャリアも好調だ。昨年公開の映画『浅田家!』で第44回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞し、最優秀主演男優賞の座をジャニーズ事務所の先輩である草なぎ剛(映画『ミッドナイトスワン』)と争う。

 松本潤は2023年放送予定のNHK大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めることが決まった。2022年から2023年にかけては大河ドラマを中心としたスケジュールになるだろう。また、2022年1月期の主演ドラマもテレビ朝日系で制作が決定しているとの報道もあり、過去に好評を博した主演ドラマ『99.9』e映画化の噂も根強い。

 櫻井翔はキャスター業を中心にしていきたいとの意向を示しているという。「週刊女性PRIME」(2021年2月6日付)によれば、櫻井は月曜日キャスターを務めている『news zero』(日本テレビ系)の現場取材に出ることや、出演日数を週三回に増やすことを希望しているようだ。

 相葉雅紀はバラエティタレントとして活動しているが、早くも苦境を迎えている。『相葉マナブ』(テレビ朝日系)ではサポートメンバーとして共演していたアンジャッシュ渡部建のスキャンダルに見舞われ、『I LOVE みんなのどうぶつ園』(テレビ朝日系)は放送内容をめぐり長きにわたって取材に協力してきた動物園から抗議が入った。『VS嵐』(フジテレビ系)の放送枠を相葉ひとりで引き継いだ『VS魂』は、視聴率ひと桁台が続いている。

 大晦日からわずか1カ月と少ししか経っていないが、嵐のメンバーはそれぞれの道を歩んでいる。数年経てば、その距離は嵐として集まることが難しくなるほど広がってしまうのではないか。そうした懸念が、昨年の時点ですでにメンバーの口から語られていた。

 2020年10月放送『櫻井・有吉THE夜会SP』(TBS系)で櫻井は、「嵐の再結成は大野次第」という世間やファンの見方を否定している。

<いや、カギを握るのはもしかしたら俺かもしれないし。来年になって、『俺もうちょっと戻りたくないな』って思ってしまわないかが怖いというか。
 なにが言いたいかっていうと、カギを握るのは大野っていう論調があるけど、そんなことはなくて、カギを握るのは5人それぞれであってさ>

 5人全員で嵐、誰か一人が欠けても嵐ではない。嵐メンバーたちは常々、そう明言してきた。もちろんファンもそうであってほしいだろう。ただ、だからこそ活動再開への道のりは困難なものなのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング