貴乃花・花田優一・河野景子の食い違う言い分。全員の主張がおかしい泥沼状態に

wezzy / 2021年2月19日 6時30分

写真

 貴乃花こと花田光司氏とアーティスト・靴職人の花田優一氏の親子確執が騒動になっている。ワイドショーもネット上でも貴乃花の肩を持つ意見が多く、優一氏への「嘘つき」という批判は根強いが、実は花田家では貴乃花の方が“孤立無援状態”になっているという。

 今回の騒動が明るみに出たのは、今年2月2日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で、優一氏が貴乃花のアルコール依存や貴乃花の元妻で優一氏の母・河野景子氏へのDVを暴露したことからだった。優一氏は今年1月に行われたセキュリティー会社のオンラインイベントで、貴乃花が<息子は完全に勘当しております>と発言したことにショックを受け、インタビューに応じたという。

 また、昨年11月には優一氏が貴乃花のバイクを勝手に売却したと一部週刊誌で報じられたが、優一氏はこれを「事実無根」と否定し、貴乃花の関係者の許可をもらい売りに出したと説明した。

 さらに優一氏は2月3日と4日に公開されたYouTubeチャンネル「街録ch-あなたの人生、教えてください-」の動画にも出演し、「父は自分が離婚したのも全部僕のせいにしている」「父が圧力をかけて僕の仕事を邪魔してくる」など、貴乃花との確執を語った。優一氏は2018年に陣幕親方の娘と結婚しスピード離婚しているが、離婚に至った理由は「家族を立て直すのに必死だった」からだとも明かした。

 しかし、貴乃花は2月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューで、優一氏の証言を真っ向から否定する。貴乃花は酒の暴飲はしておらず、優一氏がバイクを売却した件についても、自分も自分の関係者も許可していないと怒りを露わにした。

 そのうえで、貴乃花は息子の女性関係についても暴露。優一氏が離婚したのは、結婚後も妻以外の女性と親しくしていたからだという。自身が景子氏と離婚した理由も<我が子が自分の妻を大切にできないのに、自分たちだけ夫婦を続けるわけにはいかない>と考えたためだったそうだ。それもどういう理屈なのかよくわからないが……。

 優一氏が離婚を発表した当時、週刊誌に直撃された陣幕親方は、<(優一氏とは)ずっと会っていないし、連絡もないからイライラしているんだよ。それにアイツの話なんてしたくない>と拒絶しており、優一氏と元妻側との間にトラブルがあったことは事実なのだろう。

 ただ、河野景子氏が明かした貴乃花との離婚の理由はまた違う。彼女は2019年の離婚後に発売したエッセイ『こころの真実 23年のすべて』(世界文化社)で、2018年に貴乃花が日本相撲協会と絶縁し貴乃花部屋が無くなったことで、それぞれの道を歩むために離婚したと綴っていた。貴乃花、優一氏、景子氏それぞれに言い分があるようだが、全員言っていることが違う。

 なお、景子氏は昨年12月に俳優で実業家のジャッキー・ウー氏との再婚を発表したが、ウー氏に関しては穏やかでない情報も出ている。

 全身エステサロンを営むウー氏だが、サロンで施術を受けた女性との間でトラブルになっているという。「週刊新潮」2021年2月25日号(新潮社)によると、女性は施術を受けた後に胸の外側に痛みと火傷のようなあざが発生しエステ側に訴えたものの、エステ側は過失を認めなかったそうだ。女性は傷により下着メーカーのモデルの仕事がキャンセルになるなどの損害が出たことからエステ側に補填を求めたが、一蹴され施術料の残金すら返金されていないという。

河野景子も娘2人も花田優一の味方…貴乃花は孤立

 貴乃花と優一氏の暴露合戦はワイドショーのネタにもなったが、貴乃花に同情的なコメンテーターが多い。

 2月10日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、MCの坂上忍とおぎやはぎの小木博明が優一氏を「靴職人の補欠」「とんでもないライアーモンスター」と揶揄。また、松本人志は14日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、以前、優一氏と番組で共演した時の印象を<真面目に目を見て“嘘をつく”というか……>と振り返った。

 しかし、「女性自身」2021年3月2日号(光文社)によると、花田家内においては貴乃花の方が孤立しているという。景子氏は2人のトラブルには介入しないというが、基本的には優一氏の味方。確かに、景子氏は優一氏が暴露した「週刊女性」に対して、<正直、この件については何もお答えしたくない思いです。ただ息子がこのような話をする状況になったその気持ちもわかります>と思わせぶりなコメントを寄せていた。貴乃花も「文春」のインタビューでは、景子氏は常に優一氏の味方をしており、自分と言い合いになることもあったと証言している。

 また、貴乃花と景子氏の間には2人の娘もいるが、親権は貴乃花にあるにもかかわらず、父と娘たちはほぼ会っていない状態だという。むしろ、彼女たちが海外留学に行っている間も景子氏が頻繁に連絡を取り、帰国してからも景子氏と一緒に暮らしていたそうだ。

 もちろん離婚や親子間の確執は、互いに主張が食い違うことがよくあり、「どっちが悪い」と簡単に言い切れるものではないだろう。「女性セブン」2021年3月4日号(小学館)では、新たに親子断絶した理由として、優一氏が芸能事務所を退所する際に発生した2000万を貴乃花が肩代わりしたことも報じている。完全に泥沼状態の花田家だが、確執が解消される日は来るのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング