1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

西野亮廣が吉本興業を辞めた本当の理由を告白 吉本が抱える人事の問題点とは

wezzy / 2021年3月7日 10時0分

写真



 キングコングの西野亮廣が人気YouTuberのラファエルの動画チャンネルにゲスト出演。2021年1月いっぱいで吉本興業とのマネジメント契約を終了した理由について語っている。

 西野亮廣と共演したラファエルは開始1分で「吉本なんで辞めたんですか?」と質問した。唐突な展開に西野は「はやいなあ!」と笑いつつも、吉本を辞めた理由について語りだす。西野が吉本興業を辞めた大きな理由は「マネージャー」だったという。

 吉本は基本的にはお笑い芸人を売っていく会社だが、現在の西野は映画の仕事など、お笑い以外の活動もしている。そうなると、先々のスケジュールを組むスパンが4~5年になってくる。しかし、吉本の場合、マネージャーが半年置き、1年置きに代わってしまうので、「そこで起きる摩擦が毎回すごいんですよ」と西野は語る。

 ラファエルが「初めて美容室に行くと、カルテがちゃんと回ってへんから、髪切るやつも髪洗うやつも毎回同じ質問してくるみたいな」と例えると、「それと全く一緒です!」「美容室で起きてる事故と全く一緒です」と発言し、まわりを笑わせた。

 西野曰く、映画となるとたくさんのスタッフが関わってくるので、毎回マネージャーが変わるたびに0から先方に説明しなければいけない事故がずっと続いていて、「これはなんとかなりませんか?」と吉本に掛け合っていたのだという。

 西野は以前にも吉本に「激おこ」していると自身のYouTubeチャンネルでも明かしていた。ライターが西野へのインタビュー記事を書く際、勝手に西野が他で言ったことを付け加えるため、「絶対に手を加えないでください」と再三にわたってマネージャーに言ったが、同じミスを何度もされるという話だ。

 その際も、吉本の広報は部署異動でどんどん人が変わるので、引き継ぎがされず、「これはもう無理だ」と嘆いた西野は、取材に関する窓口を吉本に任せることをやめたと語っていた。

吉本を辞めた後も生活に変化はない

 西野亮廣は「円満退社って言われるんですけど、ただ折り合いがついてないとこはついてないですよって話です」と語る。喧嘩はしていないし、今でもいくつかの仕事は吉本を経由しているが、もう吉本との関係を再構築する気はなさそうだ。

 「喧嘩してないっていうと、“円満アピール”って言われるんですけど、別に円満アピールもしてないんですよ!」「100%折り合いがついていたら辞めてないんで!」と西野は叫び、「折り合いついてない所は折り合いついてないし、だから辞めたしっていう。でも、揉めてはないって感じですね」と強調していた。

 ちなみに、退社の時の文面に関して、オリエンタルラジオの時は厚めだったのに、キングコングは2行しかなかったと指摘されるが、それは事前に西野が「それでいいっす」とチェックしたもので、深い意味はないそうだ。

 吉本を辞める前から、自分の会社で9割9分の仕事をやっていたと西野は語る。映画をやることになり、吉本の力を借りてPRのためにテレビに出たりしたが、映画公開までの4年ぐらいはほぼ自分の会社で仕事をしていた。吉本から仕事をもらっていたわけではないので、吉本を辞めても生活が変わることはなかったという。

 世界進出を狙っている西野としては、短い期間でマネージャーが変わるせいで、その都度チームが解散してしまう状況はイヤだったそうだ。かねてから、「ウォルト・ディズニーを超える!」と公言している西野。吉本を辞め、より強固なチームを作りたいと考えているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング