1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

木下優樹菜が緊急事態宣言下のBBQで炎上も、誹謗中傷には「全部情報開示」と宣言

wezzy / 2021年4月28日 12時39分

写真

 元タレント・木下優樹菜のInstagramのコメント欄が大炎上している。

 発端は、木下がヘアメイクやスタイリストの友人と家族ぐるみでバーベキューを楽しんだことを4月26日のInstagramで報告したこと。バーベキューコンロで海鮮を焼きながら楽しそうな表情を浮かべる木下の写真がアップされ、<お取り寄せ海鮮たち 美味しすぎて みんなに飲まされて 酔 幸>(原文ママ)とつづるなど、かなり楽しそうな様子であった。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないことから、4月25日より東京都、京都府、大阪府及び兵庫県を対象に緊急事態宣言が発令されているという状況であり、木下が友人らとバーベキューをしていたことについて批判するユーザーが続出。

 コメント欄には「緊急事態宣言中にありえない」「あなた達のように自己中心的な考えの方が、感染をひろめている可能性がある事を考えて下さい。そして大変な思いをするのは医療関係者です」「タイミング的に載せる話ではないってわかりませんか?」といった指摘が相次ぎ、中には誹謗中傷になりかねないような感情的なコメントもある。

 ただ、木下本人はさほどこうした批判を気にしていないのか、その後もストーリーズでバーベキューの写真を投稿し続けている。

炎上を繰り返してきた木下優樹菜

 木下優樹菜といえば、2019年10月に実姉が勤務するタピオカドリンク店のオーナーに恫喝めいたDMを送っていたことが発覚して大炎上。後に謝罪したが、批判が止むことはなかった。そうした事態を受けて、11月より活動休止に入り、大晦日にはFUJIWARA・藤本敏史と離婚したことがわかった。
 
 その後、昨年7月に活動再開を発表したものの、またしても批判が殺到。活動再開からわずか5日後に一転して芸能界引退を発表した。“タピオカ恫喝DM事件”で大炎上したことが、彼女のタレント生命を絶つことにつながったのだ。

 しかし、木下はそれ以前からInstagramでプチ炎上を繰り返していた。2019年8月2日には、当時“親友”として頻繁に交流していたタレント・鈴木紗理奈とプールを訪れたことを報告し、木下と鈴木が「うるせぇババア」「やんのかコラ」などと罵り合いながらお互いの胸を揉んだり、キスをしたりしている動画を投稿。コメント欄では、2人の仲の良さを好意的に受け止めるファンがいた一方、「子どもも見ているのだからやりすぎ」「下品です」と批判的な意見も書き込まれていた。また、同月17日、都立の駒沢オリンピック公園らしき場所で花火を楽しむ動画を投稿した際には、公園のルールとして使用が禁止されているはずの噴出花火をしていたのではないかという疑惑が浮上し、騒動となったこともあった。

 このように、木下は何度も炎上を経験してきた身であり、今回寄せられているコメントも表向きはスルーするつもりなのかもしれない。ただ、法的処置をとる準備を進めていることを仄めかしたこともあった。昨年9月27日、インスタグラムのストーリーズを更新した際には、誹謗中傷をするユーザーについて<いまだに死ねだとかたまぁに言ってくる可哀想な人いるけどさ、全部情報開示>と明かしている。ネット上の誹謗中傷は社会問題となっており、相手が誰であっても人格を否定するようなコメントをすることは許されない。ユーザー側も節度を持つべきだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング