「仕事が落ち着いたら連絡する」は、モテたいだけな思わせぶり男の常套句!

Woman.excite / 2015年10月14日 18時0分

写真

「仕事が落ち着いたら連絡する」は、モテたいだけな思わせぶり男の常套句!

相手の思わせぶりな態度に期待して、ズルズルと片思いを続けてしまう人がいます。そんな恋愛は、いつになったら諦め時なのでしょうか? コラムニスト・ひかりさんが、恋に悩む女性にお答えします。


(c)Aarrttuurr - Fotolia.com



■忙しいがいつもの言い訳。2か月たっても連絡がこない(Uさん・33歳)
先日、6年間片思いだった人を諦め、連絡をとるのもやめました。何回か告白したのですが、いつも「仕事が大切だから。恋愛する余裕がない」との返答。確かに仕事は忙しい人です。

いつ連絡しても「理由」があり、なかなか会えないので、今年に入ってから3回ほど、「もう会わない。連絡もしない。バイバイ」と私から伝えたら、最初の2回は引き止められました。「会えないのは、タイミングが合わないだけ。嫌なわけではない」「仕事が落ち着いたら、俺から連絡するから、待っていてほしい」と。

2回目のメール後、2か月たっても連絡がこないので連絡をしたら、「ごめん! 今引っ越しとかでバタバタしている」と。さすがに「もういいわ」と思い、3回目のさよならを言いました。これはもう終わりにするべき恋愛ですよね? 

■Uさんへの回答
彼は、やめておいた方がいいでしょうね。彼が思わせぶりな態度をとっていたのは、「嫌われたくない」「いい人でいたい」「モテていたい」といった感じだと思います。残念ながら、別にUさんに恋心があったわけではないでしょう。

どんなに奥手な人であっても、相手を好きだったら「付き合いたい」と思うものですし、会うためだったら、何が何でも時間を作るでしょう。それがないということは、“その程度の思い”しかない、ということです。
 

おそらく6年も続いていたということは、ある意味、友人関係は成り立っていたとも思うんです。そんな相手から、「もう会わない。連絡もしない。バイバイ」なんてメールを送られたら、誰だって後味悪いから、「タイミングが合わないだけ。嫌なわけではない」くらいのことは送る可能性はあります。

さらに言えば、大人になると「俺(私)から連絡するから!」は“断るときの常套句”なところもあります。相手から誘いが来る度にその都度断るのは大変だから、「自分から連絡する」と言って、そのまま自然消滅を狙う人は多いですしね。

もちろん本当の優しさを持った人なら、キッパリ相手を振るもの。だから、その彼は自分がかわいいだけの“その程度の人”だった、とも言えます。

■被害者意識を持っちゃダメ! 
好きな人に対して希望的観測で見てしまうのは分かりますが、基本、半年、長くても1年くらいの段階で、「あぁ、これは脈ないな」と気付いてもよかったのでは? 6年も期待して待つというのは、さすがに長すぎます。さらに言えば、彼だけにならず、他の男性との可能性も見てもよかったのでは? 彼とは付き合っていたわけではないので、他の人のところに行っても、文句を言われる筋合いはないですしね。

Uさんは、今後また、好きな人ができることがあるかもしれません。でもそんなときは、きちんと付き合うという形になるまでは、「この人しかいない」なんて執着を持たずに、もっといろいろな人を見た方がいいでしょう。他の男性にも言い寄られるくらいの魅力ある女性でいた方が、もっと幸せな恋愛をつかめるでしょうし、片思いの男性だって「他の人に渡したくない」と思って、きちんと恋人にしてくれることだってあるでしょう。

恋は盲目になりがちですが、「自分が相手の立場だったら、どういう行動をするのか?」というのを考えることも大事。Uさんだったら、どんなに忙しくても、好きな相手を6年間も待たせることはしないはずです。次はもっと大切にしてくれる、優しい男性を選びましょうね。
 
▼あなたの恋のお悩み&エピソードを教えてください!
・コラムニスト・ひかりの『恋愛お悩み相談』募集中
 
 
(コラムニスト・ひかり)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング