切り干し大根と冷蔵庫の残り野菜で作る、簡単かき揚げ

Woman.excite / 2015年10月15日 4時15分

写真

切り干し大根を使った料理というと、煮物を思いつく方が多いはず。でも、そればかりだとさすがに飽き飽きしますよね。そのほかにも活用できないかと考えた末に発案したのが、今回のレシピです。

レシピを考えた時に冷蔵庫に残っていた中途半端な量の野菜を集めたら、立派なかき揚げに生まれ変わりました。ポイントは衣と具材のボウルを別にすること。そうすることで、具材が水分を吸ってしまうことを避けられることはもちろん、あまった具材は翌日に炒めて、お弁当のおかずの1品にもなります。

切り干し大根と冷蔵庫の残り野菜で作る、簡単かき揚げのレシピ
(対象年齢:2歳半くらい~)



<材料>
・切り干し大根 35g(今回のレシピで使用した量ですが、あくまで目安です)
・にんじん 1/2本
・ごぼう 1/2本
・玉ねぎ 1/2個
・干し海老(小または中サイズ) 20g
・小麦粉 1.5~2カップ
・片栗粉 大さじ3
・水 1~1.5カップ
・かつおぶし 10g
・塩、こしょう 適量


<作り方>
1.切り干し大根は軽く水でゆすいだ後、たっぷりと水を入れたボウルに入れて、15分ほど浸水させる。


2.にんじんは細いせん切りにし、玉ねぎは繊維にそって薄切りにする。

3.水で戻した切り干し大根はしっかりと水気を絞り、絞った塊のまま2cm程度の間隔にざく切りにし、軽く手でほぐす。


4.ボウルに、にんじん、たまねぎ、切り干し大根、干し海老を入れて全体をよく混ぜ合わせる。

5.かつおぶしを入れてさらによく混ぜる。


6.分量の片栗粉のうち、大さじ1杯分を5のボウルに振り入れ、軽く混ぜながら具材全体になじませる。

7.別のボウルに小麦粉、残りの片栗粉(大さじ2杯分)、塩、こしょうを入れて全体をよく混ぜ合わせ、水(冷水)を入れてダマがなくなるまでよく混ぜる。


8.具材が入った6のボウルから、大きめのスプーンで1回に揚げる分をすくい、7のボウルで衣をつける。

9.180℃に熱した油にスプーンですくったタネをゆっくり落とし、キツネ色になるまで揚げたら出来上がり。


さらにおいしく作るためのワンポイントアドバイス
揚げ油にタネを落とした後は、なるべく触らず、そのままにしておきましょう。ふちがこんがり色づいてきたら、素早くひっくり返してください。

水の量はあくまでも目安なので、好みの衣の厚さに合わせて水の量を調節してください。

(KMmama)
(KMmama)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング