ちょっとした贈り物やおままごとにも、折り紙でサッと作れる袋物

Woman.excite / 2016年3月11日 5時15分

写真

子どもがいる家には必ずと言っていいくらいあるもの、折り紙。最近では、柄のかわいいものやオシャレなものもあり、大人ゴコロをくすぐられることもありますよね。

でも、いざ折り紙を使うとなると、鶴やお花を折るといった子どもの遊び道具でしか使い道が思いつかないもの…でもありません。ちょっと折り方を変えると、子どもっぽさがなくなり、大人でも実用的にオシャレに使えるのです。

今回は、子どものお手紙交換やちょとした物に添える一言お手紙を入れる封筒と、小さなプレゼントを入れる紙袋の作り方をご紹介します。


折り紙でサッと作れる封筒の作り方
1.折り紙を裏向きに置き、三角に折ります。



2.手前の1枚だけ上の部分を折り下げます。



3.下の部分の長さの1/3あたりで、右側の角を折ります。



4.左側の角も1/3あたりで折ります。



5.上になっている三角の1枚の角を半分に折ります。



6.さらに小さな中央の三角の角を半分に折り上げます。



7.折り上げた部分を写真のように開いてつぶします。



8.上の1枚の大きな三角を折り下げます。



9.手順7で開いてつぶした部分に、手順8で折り下げた角を差し込みます。



これで封筒の出来上がりです。かわいいシールなどで止めてもいいですね。



ちょっとしたメモ書きもこんな封筒に入れて渡したら、素敵度がアップしますよ。


折り紙でサッと作れる紙袋の作り方
持ち手をつけるので、リボンなどの紐とセロハンテープなど止める物を用意してください。

1.裏向きに置き、三角に折ります。



2.上の三角部分を内側に折り込みます。



3.下の輪の部分を折り上げます。この幅がマチの大きさになります。



4.広げて、向きを90度回転させます。



5.下になっている角を折り上げます。この時、手順2で内側に折りこまれた三角の部分も少し一緒に折ります。



6.左右を手順3でつけた折り目に合せて折ります。



7.上側も手順5~6と同じように折ります。



8.手順6と手順7で折り合わせた部分を中心を引っ張りあげ、手提げ袋のかたちになるよう、折りしろの折り方を写真のように調整します。



9.上に飛び出た部分を内側に折り下げます。



9.反対側も同じように折ります。袋の部分が出来上がります。



10.リボンなどで持ち手をつけて完成です。






小さなプレゼントにもぴったりです。おままごとにも使えますし、オシャレな柄で作るとそのままインテリアもなります。折り紙以外でも、包装紙など大きい正方形の紙を使うと、用途の幅も広がりますよ。

(Aya)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング