余ったハンドクリームの予想外な5つの活用術!

Woman.excite / 2016年11月20日 7時0分

写真

これからの季節、手や指のケアに欠かせないハンドクリーム。でも、香りやテクスチャが好みではなかったり、量が多すぎたりして、使い切れないまま余らせてしまうこともあるかもしれません。 余ったハンドクリームをそのまま捨てるのはもったいない! 手の保湿だけではない、 意外な使い道があります。

(c) sunabesyou - Fotolia.com


■ボディケアやヘアケアに
ハンドクリームは、手だけではなくボディや髪のケアにも使えます。いい香りのハンドクリームをお風呂上がりのボディケアに使えば、 保湿に加えてコロン代わりにもなります。これからの季節につらいガサガサかかとも、ハンドクリームを塗ってから靴下をはいて寝ればしっとりすべすべに。

また、痛んでしまった 髪には洗ったあとの、ぬれた状態でハンドクリームを。ダメージが気になる毛先部分にクリームをつけてドライヤーで乾かせば、しっとりまとまりよく仕上がります。頭皮につけると毛穴詰まりの原因になるので気をつけてくださいね。

■ストッキングやタイツの静電気防止に
とくに冬の時期、バチッと痛いイヤな静電気。静電気のせいでスカートが足にまとわりついて困った、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんなときは、手にハンドクリームを塗り、 ストッキングやタイツをはいた脚を2~3回なでてみて。それだけで、イヤな静電気がスッとおさまりますよ。出先で困ったときにもすぐ試せるのでおすすめです。
 
 

■子どもがはった、シールはがしにも!
子どもはシール遊びが大好き。でも、家具や壁などにもペタペタ貼られてしまうと、はがしにくくて困ってしまいますよね。

ハンドクリームは シールはがしにも効果大。貼ったシールの上からハンドクリームを塗って、少し放置してからはがせば、スムーズに取り除くことができます。もし跡が残った場合は、消しゴムでこするとキレイになりますよ。

■鏡の曇りを防いでピカピカに
浴室や洗面所の鏡は、すぐに曇って見えなくなってしまいますよね。鏡の曇り防止には、ハンドクリームを やわらかい布につけて拭いてみてください。

ハンドクリームの油分が曇りにくい状態をキープして、ピカピカの鏡に。さらに汚れの付着も防いでくれるので、お掃除の手間もラクになりそうですね。

■バッグや靴のお手入れにも
合皮やエナメルのお手入れにもハンドクリームが役立ちます。クリームをなじませた やわらかい布で優しく拭くだけで、靴やバッグが簡単にキレイに。

ただし、アルコール分が含まれたハンドクリームは、靴やバッグのツヤを失わせる原因になるので避けて。また、色落ちやベタつきの可能性があるため、本革のお手入れに使うのはやめましょう。

手や指のケア以外にも、いろいろなところで役立つハンドクリーム。ただ、ハンドクリームにもさまざまな成分があり、 必ずしもすべてのクリームが同じように使えるわけではないので注意。とくにバッグや靴、家具などに使用する場合は、まず少量を目立たない場所で試してから使用するようにしてくださいね。
 
 
(かとうともみ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング