肌に、髪に、ボディに! 乾燥肌にアプローチする至福の美容オイル

Woman.excite / 2016年12月5日 20時0分

写真

乾燥シーズンの冬が到来! 気温も湿度もどんどん下がって、肌にとっても過酷なシーズンです。スキンケアには高保湿アイテムを求めたくなってきます。

© yayoicho - Fotolia.com



■美容オイルの魅力とは
この季節、やっぱり頼れるのが 美容オイル。肌との親和性が高いためなじみやすく、角質層にしっかり浸透していきます。

顔やボディに直接つけることはもちろんですが、クリームや乳液に混ぜて使うこともできます。メイクするときに、リキッドファンデーションに少し混ぜるだけで乾燥を防ぎながらつややかな肌を演出できますよ。髪や指先の乾燥もそっこううるおいに!

このように汎用性が高く便利なのも美容オイルの魅力のひとつ。今回は個人的におすすめ美容オイルをピックアップしました!

■肌の再生を促し、女性らしさを目覚めさせるオイル


フェイスオイル エスケーピオン(30ml 11,000円+税)


今年発売になったHACCI 「フェイスオイル エスケーピオン」。極上のオーガニックのヒマワリ種子オイルがベースで、バラエキス(ローズヒップオイル)が肌を美しい再生へと促し、ダマスクバラローズの精油とゼラニウムが素の自分へとリセットしてくれます。

肌に輝きをまとわせるようになじみ、しっとりつややかな肌へと導いてくれます。優雅な香りは女性としての魅力を高めてくれる力に。幸福感に包まれながらのスキンケアは極上のひとときになります。

■常にストックが欲しい最高峰のアルガンオイル


ビオオイル アルガンオイル(50ml 3,500円+税)


美容関係者にもファンが多い、100%オーガニックのオイルのメルヴィータ 「ビオオイル アルガンオイル」。洗顔後すぐに ブースター(導入美容液)として使えば、保水力に富んだアルガンオイルがその後のスキンケアのうるおいをしっかり抱え込む肌に整えてくれます。

さらにオレイン酸やリノール酸、ステロールなどの美肌成分を豊富に含むため、うるおいはもちろんハリもサポート。柔らかくキメの細やかな肌へと導いてくれます。

シャンプー前のプレオイルとして使うこともできて、頭皮に詰まった汚れを浮かせて頭皮クレンジング効果を発揮。さらにお風呂あがりの水分が残ったボディにのばせば、ボディオイルにも。とにかく一本あると重宝する、最上なクオリティのアルガンオイルです。

■バリア機能に働きかけるアフターバスオイル


オーガニック モイストリペア アフター バス オイル(100ml 2,500円+税)


 肌保湿のカギはやはりセラミド。セラミド不足によるバリア機能の低下によりかゆみや敏感肌、肌荒れも起こりやすくなってしまうといわれています。セラミドは加齢やストレスによっても減少し、また空気の乾燥やタオル、服などの摩擦によっても流れ出てしまう成分とのことだから、しっかり補ってあげることが大切。とくに乾燥のシーズンは、セラミドに着目したケアが美肌のためには最適といえます。

メイド オブ オーガニクスから今年発売になった 「オーガニック モイストリペア アフター バス オイル」は、100%天然成分でできた天然ヒト型セラミド配合のオイル。肌がもっとも乾燥しやすいお風呂あがりのタイミングにしっかりうるおいをチャージ。

さらにそのうるおいは、長時間キープされます。使い方は、タオルドライする前のまだぬれた肌にのばすだけ。もうひとつのキー成分である米ぬかオイルの有効成分「γ-オリザノール」も乾燥にアプローチして、しっとりすべすべな肌を守ってくれますよ。

■数々のベストコスメを受賞した逸品オイル


カレンドラ マッサージオイル(100ml 2,600円+税)


古代エジプトの時代から肌荒れ予防や敏感肌のケアに使用されてきたカレンドラ。このヴェレダ 「カレンドラ マッサージオイル」はデリケートな肌にも使えて、マッサージしながらしっかり保湿できる心地よいオイルです。

髪や爪にも少量つけて、つや出しオイルとして使ってもOK。個人の感想ですが、むくみが気になるときも本当に頼れる一本です。数々のベストコスメを受賞するなど美容家にも愛用者多数。この香りに包まれながらのケアは、至福のひとときになります。


これからますます寒く乾いた季節を迎えますが、素晴らしいオイルがあればしっとりなめらかな肌で乗り切れそうですね!
(上田祥子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング