離乳食を食べないわが子…作っても捨てるしかない日々を救ってくれたのは?【ヲタママだっていーじゃない! 第13話】

Woman.excite / 2018年9月14日 11時0分

写真

ヲタママだっていーじゃない!

■最初は気楽に離乳食をスタート


最初は10倍かゆをこしてドロドロになったものをあげました。でも 食べませんでした。離乳食のテキストには「最初はひとさじから」と書いてあったので「慣れたら食べてくれるようになるんだろうな」と気楽な感じでした。

しかーし! 10日たっても 食べる気配なし。

食材を変えたり、味が薄いのかなと思ってちょびっと濃い目にしてみたり、ドロドロをもっとドロドロにこしたり…と、いろいろ 工夫してみましたが全く食べないまま3週間がたとうとしていました。

そんな中、旦那のアドバイスで ベビーフードをあげてみると…


ヲタママだっていーじゃない!


めっちゃ食いつく! ひとさじどころかお皿が空になるほど食いつきました。

この3週間、私が頑張って作ったものは毎日 ゴミ箱へ…。作ったものが食べられずゴミ箱へ…なんていう事は人生ではじめてで…。

むなしさを感じていたところにベビーフード 完食

■成長を喜ぶべきなのに心の中は…

本当は「食べてくれた!」と息子の成長を喜ぶべきなのに、あのときの私は本当に参っていて

「私の作ったものよりベビーフードなの?」
「私の料理はそんなにまずかったの?」
「料理も食べてもらえない私は母親でいいの?」

と、心の中がぐちゃぐちゃ、どうしようもない 絶望感でいっぱいでした。

次回に続きます。
(なきりエーコ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング