「助けて!」子どものSOSサイン、見つけ方と対処法

Woman.excite / 2018年10月23日 21時0分

写真


©pingpao- stock.adobe.com


子どもの様子に 「あれ、なんだかいつもと違う?」と感じたことはありませんか? いつもと同じように見えるけれど、なにかが違う気がする…。それは子どもの心のなかにちょっとした変化があらわれているのかもしれません。

もしもそれが親への「助けて!」「気づいて!」という SOSサインだったとしたら? 発見が早ければ早いほど、対応も素早くできるのではないでしょうか。

今回は、 子どもからのSOSの見つけ方、その対処法について考えていこうと思います。

■子どものSOS「心が不安定になりやすい時期は?」

助けを求めるSOSサインというものは、そもそも、タイミングが予想できる類のものではありませんよね。

けれど、子どもの場合は 「変化があらわれやすい時期」というものがあり、この時期に注意深く見守ることでよりSOSに気づきやすくなると思います。

変化があらわれやすい時期というのは、 「生活環境などが変わった時」。新学期や引っ越しのあとなど、毎日見ていたクラスの顔ぶれが変わる、街の風景が変わるなど「いつもの暮らし」が変化した時、子どもの気持ちは 不安定になりやすいんですね。

また、夏休みや冬休みなど、 長いお休みが終わりを迎える時にも要注意です。大型連休の終わり頃は、大人ですら「ああ、明日からまた仕事か…」と、どんよりした気分になるものですよね。それは子どもも同じ。

それも、お休みの期間が長ければ長いほど、休み明けは心が不安定になりやすくなるようです。長期休みが3カ月に及ぶアメリカでは、休み明けにうつを発症する子どもが多くなるともいわれています。

■子どものSOS「どんなふうにあらわれる?」

では、子どもからのSOSは具体的にどんなふうにあらわれるのでしょうか。実は、その内容によって第1段階、第2段階…と分けられ、だんだん深刻さを増していきます。

初期のSOSとなる第1段階を放置してしまうことで、子どもの言動は第2段階へと進行。気づいた時には、対処に時間がかかる状態へおちいっていることも少なくありません。

子どもが不安を抱えた時に発せられるSOSの行動について、年齢を 2~5歳までの幼児期と、 6歳以降の学童期に大きく分けて説明していきましょう。

【2~5歳:幼児期のSOSサイン】


話ができるようになるものの、まだまだ社会や他人との関わりのなかで「自分」という認識が薄い2歳~5歳の年代は、親との結びつきが強い時期です。この時期に見られるSOSの段階は下記の2つに分けられることが多いようです。

第1段階 出かけようとすると「イヤ」とだだをこねる、逃げる。
第2段階 泣く。


最初はイヤイヤをしたり、逃げ回って自分の感情を表現します。そして、その気持ちを理解してもらえないことで第2段階の「泣く」という行動に変化します。5歳までのこの言動や行動はある意味分かりやすいですが、6歳以降になるとSOS行動は一気に複雑化します。

【6歳以降~:学童期のSOSサイン】


6歳以降になると、集団のなかで自分の気持ちを言葉にして表現することができるようになります。また、集団生活に慣れることで、ある程度の社会性が培われてくる年齢でもあります。この年齢になるとSOSの言動は下記のような4つの段階に分けられます。

第1段階 張りきる、頑張るなどの行動で「見て! 見て!」と自分に注目を集めようとする。
第2段階 わざと遅刻したり騒いだりしていたずらをする。
第3段階 教室を飛び出す、意地悪をする、極度に反抗する。
第4段階 無視する、不登校になる。


6歳以降の子どもからのSOSはまず「僕(私)を見て!」という行動が見られます。そして、親や周囲から理解されず放置されると「いたずら」などの行動へと移ります。

たいていの場合、第1段階ですでに、いつもと違う様子に気づくケースが多いでしょう。けれど、うっかり見過ごしてしまうと第2、第3段階へと進んでしまう可能性もあるのです。




■子どものSOS「深刻度別 親ができること」


©hinata815- stock.adobe.com


SOSの発見は、早ければ早いほど素早く親も対処でき、子どもが長く深く悩まずにすみます。しかし、もし段階が進んでしまってから気づいたとしたら、どのような対応をすればいいのでしょうか?

各段階に応じてどのような対応をすればいいのか、年齢別に解説していきましょう。

【2~5歳:幼児期の対応】


2~5歳の子はイヤイヤをしたり、だだをこねたり、逃げたりして親を困らせることで「行きたくない」「ママといたい」という気持ちを表現します。この状態に気づいたら 「気持ちを吐き出させること」「楽しいことに転換すること」で対処していきましょう。

例えば、わが子が幼稚園や保育園に行くのをいつも嫌がる、とします。事前にできる対処として、30分くらい早めに準備をすませておきましょう。そうすれば時間の余裕が持て、だだをこねられてもきちんと対応できますよね。

そして、だだをこねだしたら「行きたくないよね。ママも○○と一緒に遊んでいたいよ」と共感しつつ「外の電信柱のところまで競争しようか」「○○公園で虫を見ていこうか」などと誘い、遊びながら園やバスの集合場所などに向かってみるといいでしょう。

第2段階の行動となる「泣く」は、子どもに 思う存分泣かせてあげます。と同時に、ギュッと抱きしめてあげてくださいね。

そして、子どもが落ち着いて、ある程度話せるタイミングになったら「なにが悲しい?」と聞いてみます。「ママと離れるのがイヤ」なら、だだこねと同じ対応を。もし「幼稚園の○○がイヤなの」といった話が出てきた時は、園の先生に話して様子を見てもらうなどの対応をしましょう。

【6歳以降~:学童期の対応】


子どもが6歳以降の場合、第3段階のSOS行動である「極度な反抗」になる前に、なるべく早く気づいてあげてほしいですね。この段階までなら、子どもに寄り添う対処で不安を解消できる可能性があるからです。

第1段階で「見て見て!」と話しかけてきたら「あとでね」などと後回しにせず、 すぐに話をじっくり聞いてあげてましょう。その時「頑張ったね」「うれしいね」といった言葉をかけると子どもは「気持ちが通い合っている」という感覚になり、不安感が落ち着いてきます。

わざと遅刻をしたり、目立つ行動をする第2段階の場合は「かまってもらいたい」という気持ちに気付いてあげましょう。「この子はかまってもらいたかったんだな」と受け止め、「勉強時間が減って困るから遅刻しないようにしようね」「騒いでいると先生の声が聞こえなくなるから静かに聞こうか」などと、 怒らずに「教える」スタンスを保つようにすると良いでしょう。

第3段階に入り、極度に反抗したり意地悪をしたりする場合も「そんなことしちゃダメ」と頭ごなしに否定から入らないようにします。子どもにはどんな出来事があったのか、その出来事があってどんな気持ちになったのかを聞きます。そして 「そうなんだね」と一度共感をし、そのあと「どうしようか?」「どうしていく?」と聞いてみたり、 一緒に考えたりすると良いですね。

不登校などの第4段階となった場合は、親と子どもだけで解決するのは非常に難しくなります。こじれて長期化し、親子ともども傷つき疲弊することもあるので、第三者の力を借りることをおすすめします。

すべてに共通していますが、子どもの心の中には「自分のことを気にかけてほしい」という気持ちがあるので焦りは禁物。いちばん大切なのは、時間を十分とって子どもに向き合っていくことです。

「学校に行きたくない」「おなかが痛い」などといった子どもからのサインを決して「根性がない」「我慢が足りない」などと否定しないでほしいのです。そのサインは裏には、子どもの 「親に認めてほしい、分かってほしい」という気持ちが隠されている場合があるからです。

子どもは「行きたくないんだね」「痛いんだね」と認めてもらえると、親は自分の理解者なんだと安心できます。安心できれば「仕方ない、頑張るか」と子どもなりに気持ちを切り替える場合もあります。早急に答えを見つけようとしなくても大丈夫です。

子どものSOSにはそれぞれの段階に応じて 「ほめる」「教える」「受け止める」などの対処が大切です。なによりも子どもを 「勇気づける」。自分は大丈夫なんだと自信を持たせてあげると良いですね。


(佐藤栄子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング