ソーセージの花びらで春を演出!「さくらちらし寿司」

Woman.excite / 2019年3月21日 8時0分

写真

暖かくて春らしい陽気の日が増えてきました。もうすぐさくらが咲く時期ですね。食卓もピンク色やさくらのアイテムを取り入れると、一気に春仕様に! そこで今回は、春らしさを演出した「さくらちらし寿司」の作り方をご紹介しましょう。

去年、私の調理アイテムに加わったのが、この さくらの花びらの型抜きです。いつものちらし寿司でも、これでハムやソーセージを型抜くと、簡単に春を演出できるお役立ちアイテムです。



ただ型抜きをしただけで子どもも喜んでくれるので、一石二鳥! 私としては、さくらの花の形ではなく、花びら一枚の形が気に入っています。

ちなみに、骨を強くする栄養素としては カルシウムが有名ですが、カルシウムだけとっていても丈夫な骨は作られません。カルシウムを骨にくっつける働きをする ビタミンDも必要になります。

ビタミンDが多い食材に きのこがありますが、とくに 干ししいたけには豊富に含まれています。ちらし寿司に干ししいたけは欠かせません。お子さんの健やかな成長への願いも込めて、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

■さくらちらし寿司

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料>※米2合分
<酢飯>
 米 2合
 A酢 大さじ4
 A砂糖 大さじ3
 A塩 小さじ1
<具材>
 干ししいたけ 4枚
 にんじん 60g
 水と干ししいたけの戻し汁を合わせたもの 200ml
 醤油、みりん 各大さじ1・1/3
<錦糸卵>
 卵 2個
 砂糖 大さじ1・1/2
 塩 少々
サラダ油 適量
<トッピング>
 魚肉ソーセージ 1本
 みつば 適量

<作り方>
1、米を硬めに炊く(寿司の分量の水加減にする)。炊き上がったら、炊飯器に<A>の調味料を合わせたものを入れて混ぜ合わせる。

2、干ししいたけは水で戻し、細切りにする。にんじんも細切りにする。これらをフライパンに入れ、水と干ししいたけの戻し汁を合わせたもの、醤油とみりんを入れ、水分がなくなるまで煮る。

3、(2)を(1)に入れて混ぜ、粗熱をとる。

4、卵に砂糖と塩を入れて混ぜ、サラダ油を熱したフライパンに何回かに分けて薄く流し入れ、両面を焼く。取り出して細切りにする。

5、魚肉ソーセージは薄切りにし、型抜きで抜く。

6、(3)を器に盛り、錦糸卵をのせ、型抜きをしたソーセージと刻んだみつばをのせる。

型の形はいろいろあるので、お気に入りを見つけて、ぜひ試してみてくださいね!

(長 有里子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング